読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の六

●6月某日: 右手にまだちょーっとポツポツが残っているけど、本人とっても元気だし、病院に聞いても幼稚園がわも登園OKとのことなので、行かせる。ウイルスはまだ当分発してるらしいからねークラスに流行らせちゃうかもしれないけどねー。サク、朝、家で「これ、なんだっけ?」と右手を指さす。

「ん? ポツポツ? 水泡?」 
「ちがう、そうじゃなくて・・・」 
「あ、手足口病?」 
「そうそう、てあしくちびょう。Nくんに、てあしくちびょうだったんだよーって、いわないかんけん・・・」。

私、整体に行き、その足で天神へ。服とかー、ハーブティーとかー、石鹸とかジャムとか買う。うーん、買い物楽しいよね。昼ごはんも、“ひとりカフェめし”しようかなーと思っていたが、いろいろ買ったので大人しく家に帰って食べる。これが経済観念というものですw 帰宅後、書き物&メールいろいろ。家事。16時過ぎ、延長保育にしていたサクを迎えに行く。園を出たところで何人かの子たちがバッタを探しているのを見て「さくたろうも、あっちいく」と加わり、17時ごろまで遊んでた・・・。いいんだけど。元気だね。

夜ごはんは、まりちゃん に教えてもらったひじきのドライカレー。ちょうどズッキーニがあったので、きゅうりのかわりに投入して、葱もいっぱい入れて作った。うまっ! 簡単!! 夫にも好評、サクもばくばく食べる! キャベツのグリル・葱ソース。トマト。夏のワンプレート晩ごはんであった。

サクが寝たあと、焼酎水割りを用意して、週末の予定など構想しながら最初はそれぞれの作業をしていたが、やがてテレビの前に集合し、『プロフェッショナル仕事の流儀』渡辺謙の録画を見て、さらにどーでもいいテレビを見ながらもう1杯、もう1杯を杯を重ねて日付が変わってもまだおかわりして・・・。