読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の五 / 手足口病

日々

●6月某日: 昨日は布団を干した。今日は、ゴザやソファを干す(いずれも夫が)。昼ごはん食べに行こうか、という話に。夫と協議のうえ、スシローに決定したことをサクに伝えると、「やったー! スシロー! いっくいくー!」と大喜び。テンション上がると男児は変な顔と変なポーズをやたら決めまくります。11時25分ごろに着いたが、広い駐車場にはすでに車がいっぱい。「これでも遅いのか・・・」と暗澹と私が呟くと、「だいじょうぶ。予約してある」と夫。し、仕事にできる男!! 回る皿を見てまたまたサクのテンションアップ。2枚同時取りもマスターし鼻高々である。3人で3,000円を超したのは初めて。サクの食べる量が増えていくから必然ではある。ま、その分くらいは、私たち中年の食欲が減じていってもいいのだろうが、今のところそれはない。

店の中、とあるパパと娘がすごいケンカになっていた。ちょうど私の座っているところから娘ちゃんが見える。小学校高学年て感じ。無言でぽろぽろ涙をこぼしながら食べてた。そういう時期も、あるんだよねえ。

夜、今日もサクは「サザエさん」をあきらめて「ダーウィンがきた」の録画を見る。鉄腕DASHでは石橋作りの続き。輪石を現場で微調整していく作業。あああ、気が遠くなる!!!

 

●6月某日: 週末、手のひらにポツポツと水泡ができていたサク。これが噂の手足口病かぁー。特に重症でない限り通園してもいいらしいけど、ま、一度は医者に見せとこうってのと、少うし熱があるので(37度前半)、今日は休むことにする。

サク「ずっとおうちにいるのはいやだー」 
私「うんうん、お外も行くからね(病院・・・)」 
サク「1こは、イヤだよ。3こくらいいきたい」 て、手ごわいな。

で、病院に行って、100均に行って、本屋に行って、雨降りだしもう帰ろう~と言うと、サク「サニー(スーパー)いこう」と言う。別方向なので「えー、今日はもういいやん。3個行ったし」と切り抜けようとすると、やや考えてサク、「100きんと、ほんやさんは、つながってるから、まだ2こだよ」ですって。た、確かに同じ建物に入っている・・・屁理屈屋め~!(結局、行った。スーパー) 

夜ごはんは、鶏としめじ、ピーマンのクリーム煮。ズッキーニとトマトのホットサラダなど。サク、ポツポツしてても、いたって元気でたくさん食べる。