読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の四 / AKB総選挙

日々 テレビ

●6月某日: 午前中、走る。調子良いよな悪いよな・・・なんだかんだで9km。汗だくで家のそばまで戻ってくると、自転車に2人乗りした夫とサクがニコニコしながら登場。「ママがみえたからきたよ!」とのこと。毎日まいにち一緒の家族でも、思いがけず外で会うとうれしかったりするよね。昼ごはんに、野菜ラーメンを食べて、私の運転の練習へ。40分ほども運転したろうか? 私の気力集中力的にはじゅうぶんな時間だが、「今日はなんだかけっこう運転した気がした」と終わったあと夫に言うと、「やっぱり、これぐらいはせんとな。教習所だって1回1時間なんだから」と。そ、そうか。夫にハンドルを戻して、壊れかけていたサクの傘を新調する。

夜は力作タローメシ!! 鶏手羽元&大根煮、えびと砂肝・野菜のガーリック炒め、野菜のかき揚げ、大根とキュウリのサラダ・・・。「やっぱり圧力鍋がないと難しいな・・・」と言いながら鶏手羽の皿を並べた夫、自分でひとくち食べて「やっぱ圧力鍋、要らんな。」とのこと。ガーリック炒めも最高でした、ニンニクがごろごろ入っているのです・・・! 2日連続でワインをあける。

今日は野球中継のため『ブラタモリ』はお休み、しかし先週の放送「はるばる函館へ」の録画を再び見た我が家である。まだ夫が見てなかったからね。一度見たサクは、「ほらほら、これ、うみのなかにトンネルがあるんだよ」、「みてて、これ、せんろがすごいからね。じーっとみててね」などなど超したり顔で夫に解説していた。

アド街を見終わると夫が寝たので、録画しといた裏番組、AKB総選挙を見る。うーんやっぱり面白い。あっちゃんの号泣名言に度肝を抜かれて見るようになったけど、今の、上位陣が安定したキャリアを積んでいる総選挙のほうが好きかも。グループとしては人気のピークを超えて「時代と寝る」感は減ってるけど、若いけどプロフェッショナルな女子たちのスピーチを堪能できるのは、今だ。このあたり、こちらでたっぷり書いてます・・・

lifeismine.me