読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の二 / ブラタモリ・函館

●6月某日: 通常の洗濯のあと、ドライものをまとめて洗う。空よ日中はもってくれ。・・・という願いはむなしく、サクを迎えに行く直前に降り出した。ポツ、ポツと、自転車で行くか迷うくらいの小雨だったのが、幼稚園に着くころにはどしゃ降りに。あ、歩いて来てよかった・・・。でも、歩いて帰ってもびしょ濡れだわ・・・。サクを励ましながら歩く。往復すると私もそれなりに疲れたので、コンビニでアイスを調達することに(ダメ親)。私がモナカアイスをレジに出すと、後ろからひょいっと、サクがスーパーカップ(バニラ)を置いた。ええええっいつの間に取ってきた(笑)。しょうがないので「今日だけ特別よ、一度に全部はダメよ」と言い含めて買ってやる。

「だって、ばーちゃんちで たべて、おいしかったっちゃもん」
「き(木)のスプーンで たべるっちゃもん」


と得意げなサクであった。夜ごはんはオムライス、長ネギとピーマンのグリル、きゅうり、ミニトマト。夫は飲み会。サクと、最近カタログギフト的なものでもらったカラー積み木をして遊ぶ。これ面白いわ。サク、とある形ができたあと、「さあ、このうえにくるまをならべて、くるまやさんをやろう!」と新しい遊びにしれっと誘導w 

ブラタモリ「はるばる函館へ」の回の録画見る。「はるばる」という修飾語に非常に意味があって、サブタイトルってこういうふうにつけるものなんだよ!!>大河スタッフへ






 

●6月某日: 朝、雨。近所の子のおじいちゃんの車に相乗りさせてもらって登園。後部座席で子どもたち、めっちゃはしゃぎ続けてる。私はそのまま、お母さん人形劇団の練習へ。今回、私は託児組なので気楽です。ペープサート(紙人形劇)、かなりいい感じになってきた。水の表現をどうするかとか、ピアノの伴奏と動きのタイミングとか、演出はみんなで、けっこう真面目に考えます。お昼に帰宅し、文章を書く。迎えに行くと、クラスの友だちの家に行くと言う。車に乗せて行ってくれるというのでお願いし、いったん帰宅して30分後くらいに自転車で迎えに向かい、しばらく当該お宅でママ同士おしゃべりしたり、子どもたちに絵本を読んだり。

サク、帰りになんかグズグズいってるなーと思ったら、スーパーに寄って帰ったあと、ものの数分で床に転がって寝てしまった。疲れてたらしい。それが17時で、随時起こすんだけど、1時間経っても2時間経っても起きず、これは朝まで寝るのか・・・?いやいや風呂にも入れてないし、寝ながらすごい汗かいてるし、と、じりじりしながら起こし続け待ち続けてると、21時に起きて「おなかすいたー」と。飲み会だった夫には「21時まで休めてよかったやん」と言われたけど、全然休めた気はないッス。再びサクを寝かせるのとどっちが早いかって感じで私も力尽きて寝る。