読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月の十四

日々

●5月某日: サク弁、ごはん、鶏つくねバーグ、こんにゃく、きんぴらごぼう、きゅうり、卵焼き(ねぎ)。特に頑張っているわけでもないが、詰め終わると「ふーっ、ひと仕事おわり!」という気分になる。あと返ってきた弁当箱がからっぽだとやっぱりちょっとうれしい。

今日は降園後の「文庫」の日で、貸し出し当番だったので少し早めに行き、最後の片づけまで。新年度初めての「ほんかり」(本借り、の意。子どもたちはこう言う)で、子どもたちみんなうれしそう。貸出カウンターで自分の名前を言うのも、年中にもなるとしっかりできる。今週3日連続で降園後友だちが家に来たり遊びに行ったりをしていたので、「今日はまっすぐ帰るよ」と朝からサクに言い聞かせていたが、結局降園後も幼稚園でかなり遊ばせることに。ま、いっか(待ちながらの園ママたちとの雑談が面白かった)。

夜ごはんは、シチュー、トマト、きゅうり、こんにゃくなど。夫は飲み会だし、適当。サクは「鉄おも!」という子鉄向け雑誌の最新号をハマり読みしている。


●5月某日: 朝6時前に起床。夫、「どーした?」とびびる。「今日は来客があるといったでしょ?(キリッ)」「あ、そーか」ということで、OAラックを異動したりソファをベランダに出したり高いところに備置しているものをおろしてもらうなど手伝ってもらう。早起きして余裕のある朝時間を日常にしている夫って、こういうときにも助かります。

起きてきて家具の配置等がいつもと違うのを見たサク、「きょう、やすみ?」と寝ぼけ声で言う。「今日はママの友だちが来るから。サクちゃんは、幼稚園だよ」と言うと、布団の部屋に戻り、ふてくされている。ははーん、と思い声をかけると、予想通り、「さくたろうがいるときに、おきゃくさんきてほしい。。。」 可愛い奴め(笑)。「今度、サクちゃんがいるときにもお客さん呼ぼうね」など適当に言っていると、そのうち気を取り直して朝のしたくにかかり、いつもどおりに出発。

10時半過ぎからぼちぼちお客さん来て、今日のメイン「スイッチインタビュー達人達 辰巳芳子×川瀬敏郎」の上映開始。すんげー面白くて、しかも面白がりそうなママが周りにいるなーと思ったので、声をかけて「見る会」を催したのである。ほんと面白いので再放送や総集編があったらおススメです。見終わったあとは、お粥とか、けんちん汁とか、すごーく和食が食べたくなる番組なのだが、昼ごはんは麻婆豆腐とグリーンカレーがメインですw グリーンカレーは友だちが持ってきてくれたもの。めちゃ美味しい。あと、サラダ2種。デザートやパンの差し入れもありました。

さて、「今日、来客があるから」の裏メッセージは「だから夜ごはんは手抜きするね☆」である。それが夫婦の暗黙の了解ってもんである。優秀な我が夫は今朝、「来客があるから」を受けて、「おれ、今日早く帰ってこれるけん、夜は一品作るよ」と返答。「魚のムニエルでいい?」百点!! 百点満点、花マルの答えである!! しかも料理がうまい!! 昼ごはんの残りとか、小松菜の白和えとか、いろいろつまみながらだらだら12時近くまで飲み続けた、正しい金曜の夜。

録画で『ビストロSMAP綾野剛伊勢谷友介山田優。めちゃいけ「デブエット企画」の直後ですか?ってぐらいに綾野くんの輪郭がぷくっとしていた。伊勢谷友介よりSMAPのほうが年上なのよね、キャリアも長いのよね、そうだよね・・・。