読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月の十

日々

●5月某日: サクを幼稚園に送って行ったあと、そのままお母さん劇団サークルへ。6月の誕生会でやるペープサート(紙人形劇?)の配役決めと、色塗り。15人くらいの参加? 汚れてもいい服で、絵の具よりももっと強そうな顔料(?)で、ダンボールを切り取ったゾウさんやカバくん等々に色を塗っていく。不器用だけどけっこう楽しい。それにしても今日は蒸し暑い! 色塗り時に床に敷くビニールシートを幼稚園の倉庫に取りに行って公民館とを往復しただけで、汗がすごい。

いちおう役員なので片づけまできちんとやると、もう12時。手っ取り早くコンビニでお昼ご飯を買おうとすると、育児サークル時代のママ友さんがレジ打ちをやっていた。14時のお迎えで再び幼稚園。小雨が降っているので歩いていく。なんだかんだな経緯があって、今日もサクの友だちが遊びに来る。そちらのママさんは幼稚園で役の打ち合わせがあるので、子どもちゃんも一緒に連れて帰る。傘を持って元気に歩く2人。途中、クラスメートの車が追い抜いて行った。「ばいばーい、ばいばーい!」と大きな声で何度も言いながら窓から手をふる子どもたち。振り返す子どもたち。そういう姿を見るのが育児の喜びだよなー、と思う。

夜ごはんは、手羽元の甘辛煮、きびなご揚げ、ニンジンサラダ、いもごはん。Mステを見る。「シンデレラ」の主題歌を歌う高畑充希に夫「この人、ほんと歌うまいな」としみじみ。嵐は相葉くんのドラマの主題歌。「明日、おいしいものが食べたいな」と夫に言う。夫「何がいい?」 私「うーん・・・にんにく」。

とあるカタログギフトで頼んでいたカラー積み木が届いた。サク、すごく喜んで熱心に遊んでいる。まだまだ積み木で楽しめるお年頃。