読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月の四

●5月某日: ゴールデンウィークキャナルシティ博多前。ゴールデンウィーク渡辺通り交差点前。・・・等を、走り抜け、駆け去る。朝ラン8.2キロ、天気は良いけど風はひんやりしてるし、体も調子よい。今夜も美味しい酒が飲めそうだ(笑)。

昼すぎ、夫の実家に向けて出発。途中でナフコ(ホームセンター)に寄る。我が家のセンターを担うフライパンのフッ素加工が剥げたので、買い替える。先日の来客時に、餃子がくっついてエラいことになるという悲しい出来事があったのだ。到着すると、義父が庭に立ててくれている大きな鯉のぼりに、サク、「フォーッ!」とレイザーラモンHGばりの声を上げていた(古)。去年は義父の腰痛がひどくて出さなかったから(なんせ、裏山から竹を切りだして、棹も土台も、自分で作って立てる鯉のぼりなので…)、サクの記憶からは消えていたらしい。


昼下がり、広場でサッカーや子ども自転車をして遊んでいると、かわいいアマガエル発見。それから30分ほど、カエルとの遊びに夢中だった。カエルさんにはまことに迷惑だったろう(笑)。

今回も義父が腕を振るってくれた品々をいただく。「子どもの日だから」とサクに鯛の煮つけまで用意してくれてた。サクは握り寿司とサーモン刺のほうに夢中だったが。全国的な話なんだろうが、このあたりでも、ここ10~20年くらいでイノシシがずいぶん増えているらしい。さらに先日は、見たこともないような大きな猿が、この家の庭に来たそうだ。彼らの目当ては、もちろん畑の作物や木の果実。人家の敷地内でやっている畑にも遠慮なく来る。「一度、里に下りたほうが食べ物があるとわかれば、必ずまたやってくるもんね」と義父。

 

●5月某日: 義父の畑で、玉ねぎやニラやスナップエンドウを収穫させてもらう朝。その後、義父母&私たち家族で南蔵院にお参りに行く。お参りっていうか、散歩がてら。あと、子どもにソフトクリームを食べさせようという目的もある。小銭をたくさんジャラジャラもって、あちこちの仏像さんにあげていく。サクも義母から何枚ももらって、自分のポケットから出して賽銭箱に入れるのが「いっちょまえ」になったようで気分よかったみたい。ひととおり歩くと良いウォーキングになる。それでお参りの人が多いっていうのもあるんだよね多分。で、最後に涅槃像を見ながら食べるソフトクリーム、うまー!(大人も食べているではないか) 

お昼にざるそばをいただいてから、辞去。連休最終日なので早めに帰宅しようという腹。実は帰りは私ことゴールデン・ペーパー・ドライバーがちょこっと運転の練習を・・・。私が運転席、夫が助手席に座って、義父宅のそばからソロソロと出発し、国道に漕ぎ出すべく待機していると、後部座席の息子が「ここからは パパがうんてんしてくれない?」と低い声で言った。4歳児でもそんなに心配か(笑)。ええ、十数年ぶりの公道だったので(笑)、今日は基本的に道なりに進んだだけで、5分ほどで夫にハンドルを戻しました。

夜ごはんの前の入浴中、一緒に入っていた夫に怒られてから、サクが号泣。夫がなだめてもすかしても泣き止まず、風呂からあがってきてからもずーーーーっとギャーギャー泣いてる。さほど強く怒られたわけでもないから、それがトリガーになっただけで、たぶん、なんか泣きたかったんだろうな。サクなりの連休疲れというか、興奮というか。しばーーーらく抱っこしたり放置したり(笑)しつつ「いいよいいよ、泣きたいときは泣いたらいいよ、まだ小っちゃいんだもん」と泣かせといたら、ある瞬間にいきなり復活して超機嫌よくなった。夜ごはんはタローメシ、野菜たっぷりの粗食がおいしい。