読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卯月の六

日々

●4月某日: サクどん、今日は間違えず新しい教室に入っていきました(笑)。昨日の集まりの件でお母さんたちと少し話して、いったん帰って、お客さんを迎える準備。11時、近くのママ友と待ち合わせて歩きがてら相談ごとしながら子どもの迎え。天気も良く、子どもたちは自然と公園で遊び始める。なんとかなだめて30分ほどで切り上げ、帰宅。

帰省中の親友しずが2月生まれのベビーを連れてやってくる。双子ちゃんなんだけど、一人で2人連れてくるのはやっぱり難しいので今日はとりあえず女の子だけー。サク、「ふたりいるんだよね?」と楽しみにしてたのでちょっと残念そうだったが、基本的に赤ちゃん大好きなので喜んでた。そして、しずりんと会うのは久しぶりなのに初手からガンガン電車の話などしてる。サクって、大人と接するとき、ママである私とその大人との距離感をすごく感じ取ってるよなーと思う。

お昼ごはんは、近くの美味しい広島風お好み焼き屋さんに宅配をお願いした。エビチリも。私もサクが赤ちゃんで外食しづらかった日々、週末など、時々ここに宅配してもらってたのだ。相変わらず美味しかったー。チャーハンも頼もうかと思ってたけど、事情により(ゆうべ、夫が急きょ飲み会になったので)冷ゴハンが大量にあったので、自分で作りましたw しずりんからたっくさんの内祝いやら差し入れスイーツやら何やらもらった。赤ちゃん連れて初めて電車に乗るのに、そんないろいろ持ってこんでいいのに! じーん。赤ちゃんは、パイ、パイ。どうも場所の違いや知らない声など情報過多&キャパシティオーバーだったんじゃないかな。でもしずは「えみりんさえ良ければ、ゆっっっくりしておいで」と実家のお母さんに言われてきたらしく(笑)それなりにゆっくりしていってくれたので、楽しい時間が過ごせました。

●4月某日: 入園式で、在園児はお休み。しとしとと一日中冷たい雨だった。体調もいまいちで、おとなしく家の中で過ごす。子どもと腰を据えて家にいるって意外になかなかないんだけど、たまには悪くないなと思った。時間を気にせず、だらだら、イチャイチャ。ちょっとした遊びの中でも成長がわかったり。

私「テクテク虫が来るよ」2本指でテクテクと歩いてサクの足や腕をのぼりくすぐるという虫である。するとサク、テクテク虫=私の2本指をがっしと自分の手で押さえこむまではいつもの仕草だったが、その後、「そんなむしは、つかまえて むしばこに いれちゃおう」「そして、ポイッて すてちゃおう」と言った。「だーれもいない くさむらに、ポイッてすてちゃうよ」。

ソファの裏に長い糸を垂らして「魚釣りごっこ」をするのも最近のお気に入り。折り紙で魚やカメをいろいろ作って洗濯ばさみでくっつけて釣るのだ。夜ごはんはハンバーグ・・・にしようと思ったら豚ひき肉しかなかった。ま、いっか。ソースで煮込むような感じで作るとけっこうジューシーで美味しかったですよ。あとは具だくさん味噌汁。