読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『信長協奏曲』 第7話

時間ができたときに、夫とちびちび見てます。

金ケ崎の退却から。そこで撃たれるのかw

信長、耐えて耐えて・・・の巻。小栗旬のだんだん心が壊れていく演技が秀逸なので、胸が痛む(基本的に、私の感想では小栗旬を褒めることしかしませんw)。その中でも半沢直樹とかチョイ混ぜしてきてくれてありがとうございますww こーゆーのが巧いからね、またwww

サブロー信長が、造反・離反の繰り返される戦国の日々に疑心暗鬼に陥り苦しむ胸の内を帰蝶に打ち明ける場面。受ける帰蝶に、私なら開口一番で「わらわだけは絶対に裏切らぬ」と言わせるだろう・・・と思いながら見ていたら、実際は「おぬしにはわらわがおるではないか 」「おぬしが生きているだけで良い」と。そうか、サブローは、帰蝶が裏切らないことはわかっている前提で、というか、だからこそ、帰蝶には本音を漏らしているのだから、私が言わせようとしたセリフは要らないのね、と納得であった。

柴咲コウの帰蝶ちゃんが(メイク等、扮装はともかく)かわいいねえ。ツン口調だけど心優しい女性であることが伝わってくる脚本と演技である。ハマるよねえ。

信長に敵対したことで、厳しい顔で向かい合う浅井長政お市夫婦。けど、このあとも、次々に子どもたち生まれるんだもんね〜って思ったら萌えて萌えて(サイテー

夏帆ちゃん。かつて映画『天然コケッコー』での美少女っぷりに度肝を抜かれた人間としては、彼女の落ち着き先は常に気になるところです。

そして、秀吉がサブローの素顔を見ちゃうんだよなあ・・・! 山田孝之・秀吉の悪ーい怖ーい顔が映る直後、藤木直人・半兵衛の厳しい顔つきが映ると、ちょっと安心する。藤木直人自身に知性を感じたことはあまりないのだが(早稲田出身だっけ、ホントに知的な人なんだろうけどね)、このドラマでは、なんか知的に見えてるのです。