読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神無月の十七

日々

●10月某日: 一日、雨の予報、しかも暴風警報まで出ていたのに、朝も帰りもほんのちょっぴりパラつくくらいしか降らず、助かりました。

本日のハイライトは、「幼稚園の迎えに行く前にトイレに行って、出てきて、手を洗おうと蛇口をひねったら水が出なかったの巻」。え?え?ってなって、「あっ!」。そういえば、今日、マンションの断水だった…。完全に失念してた。もちろん水なんてためてない。ハハハ最低の主婦がここにいます〜。こんな緊急事態なので、迎えに行った幼稚園で、クラスメートに「サクちゃんちにいきたいー」というお願いも、今日はお断りする。サクと私は、水のペットボトル数本と、お風呂の残り湯でなんとかなりました(お風呂を夕方まで洗わないズボラが、ここでは功を奏した(笑))。断水が終わってから、夜ごはん作る。きびなご揚げと、餃子、白菜とベーコンのスープなど。『信長協奏曲』の第2話がすんごく面白くて大興奮! まったく興味を持っていなかった夫をして「おれも来週見てみようかな」と言わしめるまで、熱く語りました。

●10月某日: サク、朝ごはんではチクワをすっごくイヤがって食べなかったが、お弁当に入れたやつはちゃんと全部食べてた。やる気の問題か。

今日は降園後、クラスメートが2人、遊びに来る。3人バラバラに遊んだり、時には取り合うになったりしながらも、ケンカしたり泣いたりには至らず、みかんやリンゴ食べたり、お店屋さんごっこしたりトイレごっこしたり(これホント子どもには鉄板w)まあまあ楽しそうな2時間弱・・・だったかな? 幼稚園でもこんなふうに遊んでるんだろうなーって感じ。迎えに来たママたちに上がってもらってちょっとおしゃべり。子どもたちが「かたづけるのてつだって、はやくはやく」と言うので何かと思ったら、「たまいれを やる。」はて、玉らしきものはないが…?と思ったら、プラスチックのコップたち(「コップがさね」という赤ちゃん用のおもちゃ)を玉に見立ててた。ひとりが籠をもって逃げ回るという、幼稚園の運動会でやった方式。

今週の『マッサン』すごく面白いので、鴨居商店パートを中心に編集してタローに見せる。夜ごはんは、手羽元の甘辛煮、茄子の揚げ浸し、イカと小松菜の中華炒め。なんか濃いおかずばっかりになった。ナスはポン酢にすればよかった…。すごく疲れてて、ちょっとビール飲んだらぐったり・・・。こんなときこそ、ヨガ(もどき)とかストレッチとかして寝た方がいいんだよね、翌朝の回復が全然違うから。と思って、やる。やってよかった・・・はず。