読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長月の十五 / 幼稚園懇談会

●9月某日: 登園のため外に出ると、さ、寒い。いつまでも半袖を着ている場合ではない。着くと、クラスメートのおじいちゃんが、ご自分で丹精された大きなカボチャを6つ7つと園に差し入れに来られたところだった。みんなでわっせ、わっせと大きな袋を運び、ひとつずつ出して、ベランダに並べてる。「すげえ」「でっけえ」「きゅうしょくのせんせいに もっていかな。」さっそく調理されて、その日の給食に並んだらしい。12時から懇談会のため園へ。家を出ようとして、雨の降りだしてることに気づいた。レインコート装着しチャリで行く。


ローカル番組「華丸・大吉のなんしようと?」 福岡ではこのふたりに名字は必要ありません、名前だけで通じる(笑)。てか、「博多」華丸・大吉になったのは全国進出時で、かつては「鶴屋」華丸、「亀屋」大吉と名乗ってたんですよね〜。さておき、「なんしようと?」は、毎週、福岡県内各地にロケに行って、地元のお店を訪ねたり、飲んだり食べたり、喋ったりする番組。今週のゲストはノンスタイル。来週のゲストは平成ノブシコブシ。「さすが華大やな、ローカルとは思えないゲスト陣」と、ビール飲みながら夫。福岡の30代40代ぐらいの人間は、だいたい、華大が活躍してるとご満悦なんですよね(おそらく北海道では大泉洋で置き換えられるはずw)。老舗酒造で試飲しまくったあと、好天の下、自家製のハムのスモークを食べながらさらにビール。あまりの美味しさ気持ちよさに歓声が上がる。これからインターネットTV番組の収録のため東京に戻るというノンスタに、華大、「福岡で華丸大吉がすんごい番組やりようって言っとけ」。

続いて「ぴったんこカンカン」にチャンネルと替えると、ゲストの中井貴一が安住アナと映画にゆかり深い彦根を訪ねている。磯田道史も出てきた。堺雅人と仲が良いことでも有名な歴史学者。