読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長月の十三

日々

●9月某日: 三瀬のどんぐり村へ。20年ぶりくらいかのう。現在ではループ橋やトンネルもできていて、近くなりましたな。最近、車酔いを覚えた(笑)サク、朝は「いかない、いかない」と言っていたが、朝ごはんの途中でどう気持ちが切り替わったのか、「はやくいこう、はやくいこう」になった。道中、ドラッグストアで「♪車には車のファブリーズ〜〜〜」を買って取り付けて行く。

スタンプラリーをやりつつ周遊。気温28度くらいでけっこう暑い。汗かく。でも日陰にいたり、風が吹くと涼しくて気持ちいい。じゃぶじゃぶ池(くるぶしくらいまでの高さ)の水を手で触ってみるとけっこう冷たい。でも、「靴を脱いで入ってみる?」と誘うと、サク、「ズボンもシャツもぬぐ。」いや、脱がんでいいから(笑)。幼稚園でのプール遊びって、そのスタイルだもんね。しかし当然って感じでズボンを脱がれたので、まーいっかとシャツ+パンツで入らせる。自分も裸足で入る。つ、冷た…。しかし子どもは平気なのであった。30分ほどして「さ、上がって次行こう」というと、すごく悪い笑顔でパンツのまま水の中に座り込む。はいはい、着替えはちゃんと持ってきてますよ。お弁当は、屋根の下の板敷のスペースにレジャーシートを敷いて食べる。「おへやみたいだねー」とサクは言い、「レジャーシートのおへや」と呼んでいた。夫は自分が朝揚げた唐揚げに満足げで、「よし、運動会はこれでいこう」と(礼拝)。地図を見ながら、「山の上の動物館」ってとこまで行ってみる。なかなかのトレッキング。でも気持ちいい。サクもよく歩いた。帰宅後、「思いのほか楽しかったね」と夫と言いあう。

イッテQ特番。宮川大輔ふなっしーがイタリアの石鹸箱祭りに出る。ふなっしーが、いつ誰と出るどんな番組を見ても感じよく、機転も利いて、ものすごくテレビ向きなキャラクターなのはだいぶ前に気づいていたが、加えて、度胸と勇敢さも天下一品なのだと思い知った。ふなっしー大好き。消費されないでずっと出続けてほしい〜。

●9月某日: 三連休明け。今夜は季節に1回くらい開催される同僚との麻雀会に行く夫、朝、「一昨日から仕込んでた牛すじ煮込み、ちょっと食べてみといて」と言う。「えっ、だって自分、今夜いないんでしょ?いいの?」 「いいくさ、そのために作ったんだから」わっしょーい! 点数稼ぐなあ。さてサクを幼稚園に送ったあとは、チャリとバスでちひろちゃんちへ。

今日は「写真教室」! 生徒はもちろんちひろちゃん、同じくカメラ女子のNちゃん、そして冷やかしっつーか、オーディエンスの私とCちゃんという、やる気のあるんだかないんだかよくわからない面々だが、先生はバリバリのプロフェッショナルのカメラマン、平野さんである! あれよあれよというまに私とCちゃんが「素人モデル(笑)」として駆り出されるわけで、一度に3つのカメラを向けられ、しかもでっかいレフ板まで、うーん結婚式以外、ないシチュエーション。そして平野センセイの撮影がもう、電光石火! ベランダに出るとパッと撮影スポットを見つけて椅子をササッと少し動かして「もうちょっと斜めに座って」「ここらへんを見て」と短く少なく簡単な指示を出して、パパッと4-5枚撮って、「はい、ありがとう」、そして撮れた写真は色鮮やかでアングルばっちり、余計なものがひとつも写りこんでなく、被写体(私)が実物よりかなり美人に・・・。これがプロの技かー!!!と、素人ながらにまざまざと見せつけられて、鳥肌が立った!! でも、我らが「ママじゃな」ちひろちゃんの写真も、やっぱりなかなかのもんだとあらためて思って、無意味に鼻を高くしてみたり。

みんなで仕出し弁当をつつきながらの話も盛り上がって、仕事に行く平野さんをお見送りした後もみんな興奮状態だった。興奮状態でちひろちゃんが作ってくれためちゃ美味いガトーショコラを食べた。

・写真教室のもようはこちらで →( http://mamajanaiwatashi.hatenablog.com/entry/2014/10/13/104002 )