読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長月の三 / 夫、出張1夜め

日々

●9月某日: サクを送って行った足で、幼稚園内・人形劇サークルへ。もうすぐ行われる7−9月の誕生日会でやる昔遊びの練習だ。7−9月は夏休みがあって練習期間が少ないため、小道具等の準備を省力化して昔遊びを「人間が」するのが慣習だという、なるほど。

そしてうちの子は7月生まれなので、今回は私も出演! 手遊び「お寺の和尚さん」、体も使う「なべなべそこぬけ」、そしてゴム跳びで「お馬の親子」この3つを、寸劇仕立てでやります! セリフもあります! これ、セリフや動きのダンドリはもちろん、昔遊びも首尾よく…ってことで、なかなか緊張感あります(笑)。練習面白い。昼、帰宅して、2日目のカレー。迎えに行く時間にすごい雨が降りだして、近所のお友だちが車に乗せて行ってくれた。感謝。

降園後、夏祭り委員と先生たちで反省会。けっこうしっかりした反省会だった。こうやってノウハウが引き継がれていくのねー。で、終わったーって時間にまた豪雨。バス停まで、サクの足で歩くと10分以上かかるが、がんばって歩いた。今日は朝もいつもより早く起きたしー、降園も16時過ぎてたしー、たくさん歩いたしー、すごく疲れてるよねっ。

・・・と思って、帰宅後すぐに風呂に入れて、夜ごはんも18時には食べさせて、19時過ぎには寝る体勢に入ったのだが、サク、寝ない。夫が帰ってこない(出張です)ことをめちゃめちゃ気に病んでる。寝かしつけの前もウダウダ言ってたが、布団に入れて電気を消して、夜の楽しいお話もして、「おやすみー」と挨拶しあった10分後くらいに「パパ、かえってきてほしい〜」「3人がいい〜」とさめざめと泣きだしたのにはびっくりした。「こんなにいっぱい あめふって、パパ、だいじょうぶかな〜」なんて心配までして、感動っていうより面白かったね、感嘆した。「あー大丈夫だいじょうぶ、東京は雨降ってないから」とか適当にいなして、寝たふり。

サク寝た後、アイスティー淹れて(ここ、ビールじゃないってのが重要! 私も疲れてて、なんか呑む気になれんかった)、ずっと溜めてた「おやじの背中」初回の録画を見る。役所広司松たか子。ぼろぼろ泣いてしまった。やっぱ松たか子いいわー。