読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉月の七

●8月某日: 地下鉄七隈線に乗って終点まで。サク、そんなに喜んでくれてありがとう…って言いたくなるぐらい喜び、毎駅の駅名とマークを熱心にチェック。橋本に着いて、時刻表を「ホイ」とあげると、「ふわーーーー」と息をのんでいた(路線全駅の駅名とマークが一覧で載っている)。橋本に来たらまあここだよね、という木の葉モールでゆるゆると買い物。ショッピングモールってそれほど好きじゃないけど、ここはそれほど混み合ってなくて、フードコートも割と感じよい。私は雑貨を、サクはトミカを、夫は野菜を(笑)買い、このあいだ初めて食べて美味しかった「ワーフ」とやらを含めミスドで3個買って、帰る。夜、DASH島の水路作りの木材さがしを見る。唸る面白さ。

●8月某日: うちの幼稚園、夏休み期間の「預かり保育」は夏休み開始前にすべて申し込んでおくシステムである。今日はお盆ウィークを挟んで10数日ぶりにお願いしていた日だった。夏休みも1か月を過ぎ、「子どもと毎日一緒ってのも、まあ慣れたっちゃ、慣れたな、てか3月まではずっとこうだったんだし」「とりあえず、お弁当作らなくていいし、朝はゆっくりできるし」などと思っていたけれど、預けてみると、予想以上のリフレッシュ感(笑)。午前中の2時間半だけだったのに(笑)。やっぱり1人の時間は大事、特にオタク肌の人間には(笑)。夜、久しぶりに(夏はあまりしないので)豚汁を作ったら、妙に美味しかった。サバの焼いたのと、豚汁。我が家では鉄板の組み合わせ。

●8月某日: クラスのお友だちが遊びに来る。ママはとっても料理上手で、パンやベーグルも自分で作る。そんな人に何を出せばいいんだーって感じでしょ?! ええ、お素麺にしました(脳がない)。ちょうど夫が作ったかぼちゃサラダがあったのでそれも出す(笑)。ナスの揚げ浸しは、自分で作りました。ま、見栄はったって、しゃーないし、私は私でこれでいい(向上心は?笑)。彼女とはいろいろ計画中、なかなか簡単にはいかないけどいろいろ模索中。子どもたちは幼稚園でも仲良しの2人、よく遊ぶが、仲良しゆえに遠慮なし、手加減なしなので、時々、泣いたり怒ったり。めんどくさいっちゃめんどくさいが、遊びながらのいろんな事案で泣いたり怒ったり仲直りしたりって、子どもの必須課程だと思うので、長い目で見たら良いことのような。そうこうしつつも私は彼女といろいろ話せてとっても満足、帰ったあともいろいろ考えたり妄想したりである。