読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉月の一

日々

●8月某日: 夏休みに入り、どこのお宅も子連れなので小休止状態だったが、今日は1か月ぶりの「ママじゃな」の取材! 取材するほうもされるほうも子どもを夫または祖父母に預けて撮るぜー!喋るぜー! しかも「ママじゃな」初の遠出! といっても宗像だが、日頃そっち方面にとんと縁のない私、いったい何年ぶりだろう。万全を期して早めにバスに乗ったのに、雨で道が混んでいて、着きそうでなかなか着かない博多駅。絶対、一個前で降りたほうがよかったんだわー。ようやく降りれた瞬間、走る走る、降り口から駅までも、駅の構内も、ホームも、人をかきわけて走った走った。「先頭のベンチにいるよ」というちひろ氏を探すが、いないー! 発車ベルーーー! イチかバチかで乗ると、「ごめん先頭じゃなくて最後尾だった」とちひろ氏より再度のメールがきたwww そんなこんなで、息を整えているうちに快速電車は軽快に進み、緊張する間もなく目的の駅に到着した感。そこには、今日のモデル、アキちゃんが車で迎えに来てくれていたのでした。なんかホント、緊張する間もない初対面だったわー。ま、同い年だし、ちひろちゃんとアキちゃんは中学以来の親友だし、それに7か月のかわいいかわいいしょうちゃんも一緒だったからね。期待以上に面白い話が聞け、座談会風に3人でワイワイ話したりもして、ホクホク充実の帰路にも、ちひろちゃんと派生事項を話し続けていた。帰宅すると、「ぎょうざつくったよー!」とサク。妻の外出中に子どもと一緒に料理をして、完璧な食卓を整えて待ってくれている・・・ああ、今日も夫が阿弥陀様に見えます。

●8月某日: 雨である。よく降る。しかも強い。午前中、家事雑事いろいろ。午後は、夫がサクを連れて新幹線を見に行ったので、昨日のインタビューの録音を書き起こしていく。この時間がまた、すごく幸せで、コーフンで、反省もして、で、肩バキバキ。こういう日記とか、ドラマの感想とか、毎日のようにパソコンで書き物してるけど、この「書き起こし」のときが一番、脳にも、肩・背中にも疲労がくるのはなぜだろう? 聞いたままをキーボードで打っていくという作業は、書くことを考えながら言語化していく作業より、むしろ、脳みそ使ってないように思うんだが。サク、「ちかてつも のったよー!」と大満足で帰宅。帰り、バスに乗ろうとすると、大雨でバス停に人がたまりまくっていたので、また引き返して地下鉄と電車で帰ってきたらしい。「サク、よく歩くようになったな」と夫。『鉄腕DASH』、尾道の坂道で1kmにおよぶ流しソーメン。この手のばかばかしい企画も、この番組でやってれば、大笑いで見てしまう。もちろんTOKIOへの信頼感もあるし、なんだろう、愛を感じるんだよね多分。