読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文月の十八

日々

●7月某日: 今日も今日とてソフトバンクショップに開店時刻早々に出向き、たっぷり1時間かけてオペレーションしてもらって(うググ…)、ポツポツ降りだした雨の中を駅前へ。サクの幼稚園の「給食の先生」が主催する子育て交流会なる会が行われている(と、今朝、幼稚園のママ友からの連絡で知った)。クラスの友だちに会えればサクも喜ぶだろうし、なんとお昼ごはんまでついてるというではないか!! 行ってみると、来てる人はとっても少なかったけれど、その分、密度の濃い話ができたかも。

園では、私たち保護者とは交流する機会がほとんどなく、むしろ子どもたちの方が「きゅうしょくのせんせいだ」とよく知っている。子どもたちと一緒に食器を運んだり、食べているときも、子どもたちの反応はどうかな〜と見にこられたりするそう。お仕事を初めて11年目になるという給食の先生の、
「うちは高3の息子がひとりで、両親の介護もしている。自分や家族はどんどん年をとっていくけれど、幼稚園にいると、毎年毎年、かわいい子どもたちが入ってきて、本当に癒されます」
という言葉が胸に沁みた。サクは友だちやちょっと大きいお兄ちゃんと遊んで楽しそう。ケンケンで相当盛り上がっていた。50回ぐらい連続でできる。ランチは幼稚園と同じく、グリーンコープの新鮮な食材から、素麺。それに、トマト、オクラ、山芋、きゅうり、薄焼き卵、鶏ハム、しょうが、みょうが、しそから、好きなものを好きなだけトッピングできる。野菜めっちゃ食べたったわー。最後は、駅前の噴水で水遊び。夜は夜で、我が家はもつ鍋でしてね。野菜めっちゃ食べたったわー!