読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の三 / AKB総選挙

日々 テレビ

●6月某日: 幼稚園を出たすぐにちょっとした公園があり、そこでひと遊びして帰るのが日課になりつつある…。なんとか早めに切り上げひと眠りさせて、夕方起こすと、普段はかなりグズグズなのだが今日はなんとかがんばって起きるサク。「夜、お出かけする、しかもクラスのみんなと」というのがわかっていて、張り切っているのだ(はやる気持ちを抑えて寝かせるのが大変だった…)。

Rくんのとこの車に同乗させてもらって35分ほど、「ホタルの里」(←いま、私が命名)に住むSくんちの近くまで。Sくんちが予約してくれてた公民館の一室に、続々とクラスのみんなが集まってくる。最終的にクラスの7割くらい集まったのかな。19時15分ごろ、西国にも夜が降りてきたところで、ホタルが出るあたりまで出発。といっても、歩いて5分ぐらいから、もういます。すげーいます。さらに10分ほど進む間に、もう250匹くらい見たよね。小川に、草の茂みに…。すんげーな!!! しかも超穴場で、誰も見に来てる人いない。独占状態。3歳児でも感激できるぐらいに光りまくってます。一緒に来てた小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんは、手のひらに捕まえたりもしてた。暗くじめっとした場所にいるものなので、必然、ぬかるんだ道や田んぼの用水路の近くなんかを通ることになり、暗さと、足場の悪さ、懐中電灯の灯り、そしてホタルの光とクラスのお友だち・・・・子どもたちは、怖さと楽しさを満喫したようだった。サクも足場が悪くなってからは私から手を離さず、ちょっぴり怖そう。広い道では、「サクちゃーん、てぇつなごう」とか「サクタローくん、まってー」とか、友だち同士でつるむ姿もあってかわゆい。

1時間弱で戻り、サク、「ただいまー」と大声で言いながら公民館に入っていく。確かに、ちょっと田舎で、おばあちゃんちっぽい公民館なのだ(笑) ひと冒険終えた子どもたちは、持ち寄った軽食やお菓子を食べたり。私が持ち込んだおにぎりとチキンナゲットも完売しましたー。そろそろ眠くなってぐずる子も。また乗せてもらって帰る道すがら、Rくんはぐっすり寝入ってしまった。その寝顔を、ものすごくうれしそうに何度ものぞきこむサクであった(笑)。

●6月某日: 朝、私はランニング。夫は、W杯前最後の親善試合、ザンビア戦を見てた。4-3で勝利。すんごく熱い試合だったらしく、見終わったあと、「な、なんか疲れた・・・あの人たち(選手)、だいじょうぶかいな、ここでこんなに疲れて。大久保とか、けっこうマジギレしてたぞ」と。サクはダイソーで(笑)N700系新幹線を買ってもらってたいそううれしげだったが、その後、家のそばではしゃいで走っていると見事にコケ散らかして、超ブルーに。手の甲など数か所すりむいている。ま、確かに痛いわな。今夜も夫の料理が炸裂! 鶏手羽と大根、人参の煮込みが、必要以上(?)に美味かった…。週明けに健康診断を控えているので、カロリー控えめ、和食での晩酌である(晩酌はちゃんとしている笑)。

AKB総選挙。なんとまゆゆが大逆転でセンター獲得! さっしーは本当に悔しかったろうな〜。3位ゆきりんの底力。4位珠理奈、5位れなっちのもはや安定感といっていい人気、6位のさや姉とあわせて来年の追走を楽しみにさせる。7位にぱるる、ここまでの神7といい、以下の選抜メンバーといい、私としては納得かつ面白い総選挙だった。

スピーチも毎回楽しみにしているんだけど・・・あとで「スピーチ全文」が活字でネットに上がったのを読むと、みんなそれぞれ個性が出てて、面白いなーと思うんだよね。ただ、実際あの場で、涙混じりの肉声を聞くと、なんとなくかったるく感じちゃう子がほとんど。そこへいくと、やっぱり、たかみな・こじはる・ゆきりん・さえ(今回出てないけど優子も)あたりのベテラン陣のスピーチは、さすが聞かせる。内容が練られてるのはもちろん、間や緩急を自在に操るんだよね。スピーチって、歌舞伎役者の「口上」と同じく、キャリアが如実に滲むものなんだろうね。たかみななんてもう、そこらへんの市議会・県議会議員より演説慣れしてる感あり(笑)。あの子、あと数年したら絶対、どこかの党からアプローチあるよね(笑)。ぱるるの個性も際立ってた。敢えて短い、っていうね。パーカーすら脱がない(笑) しかも、「自分、塩対応ですが…それでも私を笑わせようとしてくれる私のファンは最高だと思う」って、何このデレの破壊力www ファンが多いのわかるわ〜。そんで、まゆゆ、ほんとにおめでとう! 「アンドロイドアイドル」なんて言われたりするし、自分でも正統派を貫こうとしてるとこもあるけど、でもあの子はものすごく個性的だよね。まゆゆのセンター曲、絶対いいの作れよ運営! ぬるいの作んじゃねーぞ!!

って感じで録画やら総選挙やら見ながらいろいろ飲みました〜笑