読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卯月の十六

日々

●4月某日: 雨の予報。まだ降りだしてはいなかったんだけど、夫がたまたま遅出だったので、幼稚園まで車で送ってくれた。らっくちーん…! 11時半、迎えに行くと、ママさん同士で「ゴールデンウィークどこか行きます?」なんて話になる時期だ。役員さんから、クラスの連絡網をもらった。子どもの名前(漢字)を見るのも面白ければ、住所の分布、メルアドからわかるケータイ会社の勢力図など、この一枚で超楽しめるぜ…(ゲス顔)。こういう人がいるから、役員さんが「取り扱いには注意してくださいね」とか言うんだろうなww 

さて、今夜は、帰福してきた親友しずと会う約束が。夕方になって、「今日、ママ、パパが帰ってきたらお出かけするから、パパとお留守番しててね」と言うと、みるみるうちに顔を歪め、泣きべそのような声で「いかないほうがいいよ。よるになっちゃうよ」と反対する。「大丈夫だよ〜パパがいるから。ママも早めに帰ってくるし〜」とへらへらしながら言ってたら、しばらくしてから納得したらしく、「わかったよ。ママ、いってきていいよ」だって。いざ出るときは、玄関まで来て「いってらっしゃーい!きをつけてねー!」と元気に送り出された。そして、早く帰るとか言いながら22時過ぎてやっと腰を上げる私。だって久しぶりだしぃ・・・年に1,2回しか会えないしぃ・・・カジュアルなイタリアンでビールとワイン飲んで、肉とか野菜とかピザとか食べてました。そして喋った喋った!

●4月某日: ちひろちゃんの家へ、サクとおじゃまする。サク、「○○ちゃん(ちひろちゃん娘)のおうちに行くよ」と私が言うや、張り切って準備をすませ、リュックを背負って「まだ? まーだ?」と出かけるのをじりじり待ってた。しほちゃん親子も来てる。饗された天ぷらそばをむしゃむしゃといただき、このメンバーなら、ええ、もちろんお昼からビールプシューですよ。先日アップしたしほちゃんのポートレートについて、彼女のfacebookのページを見せてもらって、お友だち等の反応を知る。うれしいね。大人たちも盛り上がるが子どもたちの盛り上がりもすごい。広いベランダに出たが最後、なかなか戻ってこない。トイレに行きたい、と部屋に入ろうとした子の足の裏が真っ黒になっている。カーテンを開けたガラス窓越しに見ていると気づかなかったのだが、うわああああベランダの床が真っ黒に! プランター用の土をぶちまけて、砂遊びに興じていたらしい…。ひとりずつの足を洗って部屋に上げていく。幼稚園みたいだ。子どもたち、ひどく満足げ。「ごはんも作ったし、アイスもつくったんだよ〜」とサク。さて、今日は夫に車で送迎してもらった。彼はその間、マリノアシティに行ってひとりでゆっくりショッピングを楽しんでいたのであるw