読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の十九 / 『ごちそうさん』最終回

日々 ドラマ

●3月某日: 「ごちそうさん」最終回をリアルタイムで夫と見る。

雨。強風注意報(警報?)も出ている。サクはずっと家の中。夫と交代で出る。夫、買い物へ。私、傘をさしてのウォーキングへ。隣の町を歩く。高い丘の町。家がびっしりと立ち並んでいる。すごい。見知らぬ町の顔。

夜、風がおさまり、雨も弱く。家からほど近い焼き鳥屋へ。すごい活気だ。予約必須の店。今日も18:00には既に満席だった。福岡では3歳児も焼き鳥を食べます(もちろん親によりますが…)。生ビール、焼酎、最後に冷酒2合を夫と分け合う。つまみのエイヒレが異様にうまかった。帰宅後、サラダと煮魚をつまみに2次会。TBS感謝祭、赤坂5丁目ミニマラソンに、「ごちそうさん」の源太こと和田正人が登場! 日大の主将として9区を区間5位で走った元箱根ランナーだ。現役実業団ランナーであるカロキには敗れたものの、堂々の2位!! 源ちゃーーーん! しかも何と、総合優勝まで果たしたらしい! きてる、きてるぞ、和田くん!!

フィギュアワールド女子、浅田真央が優勝! 

●3月某日: 義妹が、春休みを利用して、3人の子どもを連れて夫の実家へ帰ってきている。遠い愛知に住んでいる義妹一家。そりゃ、1週間ぐらい実家で羽を伸ばしたいよねえ。ということで今日は義実家にてみんなで昼ごはん。バーベキュー形式の焼きそば(普通に庭でできるのが田舎のすごさ)。サクと3人のイトコたち、走り回りっぱなしでカオスである。特に、イトコ次男・サク・イトコ長女の下3人は1学年違いで並んでいるので、互いが良い遊び相手になって、わちゃわちゃと楽しそう。イトコ長男はもうすぐ小3になる。帰省にも、3DSを持ってきていた。義妹より、サクの入園祝いをいただく。夕方、辞去。夜、紙テープに模様を描いて額周りにグルッと巻き付けるサク。何の真似だ?と思ったら、「いらっしゃい! おすしやさんだよーっ!」だって。ねじり鉢巻きか。そこから詳細な小芝居に巻き込まれる私たち夫婦であった。