読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の九

●3月某日: 先週からすごくハードな展開が続いていた「ごちそうさん」。今日の放送で、主人公の長男、泰介が復員してきた!(次男は既に戦死公報が届いている) 「お母さん、これ食べてええの?」と彼が声だけでカットインしてきたその瞬間、自分の目から涙が噴きだしたことにびっくり。

さて今日は雨。寒い。風が強い。近所のスーパーに買い物に行っただけで、あとは家の中で過ごす。そうだ、その買い物に行く前、サクがせっせと手作業をしていて、何かと思ったら、しまじろうのパペット人形にレインコートを作ってあげていたのだった。白紙をしまじろうの前身ごろに合わせて、エンピツで型をとり、切り取って、テープでぺたぺた貼り付けていってる。うまいもんである・・・・と言っていいのかわかんないけど、面白い。でもそれを、「さっ、これでいいね」と雨の中に連れ出そうとするのはいかがであろう。「あのさー、しまは、傘させないからさー、おいていこうか」と提案するも、「だいじょうぶだよ? だってレインコートきたから」うん、そう答えるよね…。

夜中に地震があった。震源は伊予沖で愛媛で最大震度5強を記録。福岡市は震度3で、これぐらい、関東以北では珍しくもない揺れ方なんだろうけど、こちらでは本当に久しぶりのこと。「日本列島に住んでいる以上、いつ大きな地震に遭うかわからない。大地震は決して、1ミクロンたりとも他人事ではない」と常日頃から言い聞かせているつもりだけれど、実際に揺れを食らった衝撃は強かった。

●3月某日: 育児サークルのお別れ会。あいにくの雨、そして寒波だったけれど、ほとんどのメンバーが参加してくれた。呼びかけに応じて開始時間より早めに来てくれたメンバーも結構いて、駐車場からの飲食物の搬入や、教室の飾りつけもスムースに運ぶ。雨だし、駐車場は遠いし、全員子連れだし…なので、協力がとっても有難い。おにぎりや唐揚げなどの軽食をつまみつつ、ママさんひとりずつに年度を終えたコメントを言ってもらい、子どもたちには、先日のサークルでみんなで作ったメダルをかける。

今日の反省点(もうちょっと詰めて座ってもらったほうが良かったかな、後ろの方まで聞こえにくかったかな)とか、年間を通じての反省点(1-2月のイベントが少なめだったかな、メンバー募集を年間通じてやっとけばよかったかな ←春から幼稚園に入る子が多くて新年度の会員が少ない)とか、いろいろあるけど、ともかくも1年9か月ほどサークルに参加して、今年度は役員もやって(くじで当たってしまったのだ)、良い経験をしたなーと思ってる。名残惜しく(?)役員メンバーで残って打ち上げの話などもして、帰宅後、今日のアルバムをネット上にアップ*1。メダルセレモニーのときにママ&子ども一組ずつ写真を撮ったのだが、カメラマンが私というお粗末さとはいえ、ママ&子どもの写真がズラーッと並ぶと、本当に卒業アルバムみたいでなかなか壮観。

夜は、そんな充実感や解放感もあって、こちらも仕事に一区切りあった夫と、ワイン2本あけたあともあれこれ飲んで、最後は倒れ込むように就寝…。

*1:言わずもがな、秘密のキーワードを入力しないと見られないシステム採用ですよ