読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の十五

日々

●1月某日: 我が家の車を車検に出す。「ところでこの車は買って十年目なんだが1万5,000キロしか走っていない」と夫。うん、だいたい知ってたけどw 「うちの生活スタイルってクルマを持たない人たちにほぼ近いよね〜」 「手放した方が絶対節約になるけど、やっぱり手放すのも心もとないよね〜w」と話す。午前中、サクはパパと買い物など。私は走る。午後からはサクを遊ばせつつ、雑用や家事、入園グッズ作り、読書とちょっと昼寝…などこまこまといろいろやる。軽い充実感。夜は夫お手製のコロッケ。揚げたての、あの、えも言われぬうまさ…! 紅白の録画を、また、見る。最近、急激にももクロにハマってるわたくしである(笑)。彼女たちが何であんなに人気なのか、特に何のきっかけもなく、急にビビッとわかった。まーくんが、ももクロ>AKBなのも納得。ももクロ見てたら、AKBすら物足りなくなる…って、このくだりはまたあらためてするとして(するのか?)、夫が寝てから、今夜放送の「足尾から来た女」後編をさっそく録画消化。はあ・・・よかった・・・。

●1月某日: 天神へ。イムズB1F、ONOグループのお店でランチする。松浦半島の食材を使うというコンセプトらしい。日替わりランチ、品数が多くて美味しかった。サクが残したオムライスを食べた夫は「これなら俺が作ったほうが美味いな」ですとw その中身、たぶん私の洋食セットについてるのと同じエビピラフだからね。大人向けのあっさり味なんだよ。サラダバーはこぢんまりしてはいるものの、オリーブと輪切りのオクラとレンコンチップスがたっぷりあるのがうれしい! さて今日の目的は夫の職場の女性が退職されるにあたっての贈り物を選ぶこと。だいぶ年上の方なのでまったくわからん、と駆り出されたのである。こーゆーとき、結婚してると便利だよね、男性って。サクの入園グッズはだいぶ洗い替え用もそろってきた。問題はレッスンバッグとかいう手提げ袋だ。キルティングはさすがに手縫いは厳しいような…でも今さらミシン買うのはイヤだし…太い針を買えばなんとか手で縫えるかも…形は単純なんだし…もういっそ買っちゃうか…ベルメゾンとか楽天とかで既製品を検索してみたり、「レッスンバッグ 手縫い」で検索してみたりしつつ、悩む。