読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の十四

日々

●1月某日: 幼稚園のプレクラスに行くと、園庭の水たまり(どろんこ遊びがしやすいように園庭はわざとのように凸凹が多い)にたくさん氷がはっていて、子どもたちがそれを割ったり集めたりして遊んでいた。ゆうべから今朝がたはとても冷え込んだのだ。登園の頃からは気温が上がり始め、外遊びには気持ちの良い陽気に…なったのはいいのだが、昼、迎えに行っても、サク、すべり台やら小さいおうちコーナーやらを数人の子たちとうろちょろうろちょろして遊んで、全然帰ろうとしない。まあ幼稚園に行きたくないと言われるよりはね…と思って、待つ。その甲斐もあってかぐっすり昼寝、夜ごはんもバクバク。チャンネルを回すと(古典的表現)「vs嵐」をやっているのを見て、夫が「もう一週間か…早いなあ…」としみじみつぶやいていた。田中将大ヤンキース入団決定で会見。7年161億という超大型契約。ダルビッシュもそうだが、まーくんのインタビューもいつも超大物投手、という感が漂っていて、見ていてすごく気持ちいい&頼もしい。堂々としていて、ちゃんと自分の言葉で喋るのだが、質問に誘導されないし言質をとらせない、「駆け引き」を心得た感じがピッチャー感。まーくんの場合、その立派な会見の後、twitterでAKBメンバーとリプ飛ばしあったり、ももクロに言及したりと通常運転してるところも大好き。

●1月某日: 玄関を出て鍵を閉めたあとで、「あけて、ちょっともどるから」とサク。部屋に上がると、おえかきした紙を手に戻ってきて、「これポストにいれる」と言う。私が友だちへしたためた手紙を持って出ているのを見て、真似したくなったらしい。「あー、それはポストには入れられないんだよねー」とやんわり止めてみるも、当然、聞く耳持たないので、封筒をもってきて、「これに入れて、おばーちゃんに送るか?」と言うと歓喜。ま、母も喜ぶだろうし80円で小さなwin-winをひとつ、ってことで…。自転車屋で空気を入れさせてもらうと、その裏の公園に寄る、と言い張るサク。今日は昨日よりも暖かく、ほかにも4,5組の親子がいて、盛り上がって遊んでた。中に、以前、別の公園で一度会ったのことのあるママさんがいて、「また会いましたねー」と、その後の近況などおしゃべり。夜、焼肉。豪州産のを安売りしてた時に買ったもので、旨みはかなりイマイチではあったが、肉を焼いたそばから食べるということだけで満足感のあるわたくし、まだ焼肉部員ってことでいいですかね。

はなまるカフェ」に綾野剛。黒づくめではあってもすごくスッキリとしてかわいい「朝向きの顔」で登場。過日の「チューボーですよ」といい、良い感じに肩の力が抜けているように感じられて、うれしい。にしても、いまだに100%に近い確率で箱根駅伝の話題になって、こんなに話をさせられたら好きなものも嫌いになっちゃうんじゃないだろうかといらん心配をしてしまうんだけども、ご本人、今日も楽しそうに語ってましたw あさイチのプレミアムトークに出てほしいなあ。今や、トーク番組でいちばん信頼できて興味深いのは彼の番組だ。主要因はイノッチ。