読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の十一

●1月某日: 午前中、ランニング。家から7-800m離れたあたりを走っていると、見覚えのある青い帽子や赤いエコバッグを乗せた自転車の二人組が向かいの道路をシューッと走ってゆく。夫&サクだ。「サクちゃーん!」と叫んでみるが聞こえないらしく振り向かない。距離を縮めるためにスピードを速めつつ大声で叫ぶ、というのを繰り返すこと4回(不審者)、やっと気づいて夫が自転車を止めた。外でひょんと会う我が子はやはり、普段の3割増ぐらいでかわゆい。昼下がり、私と夫がふとんでトロトロしてると、やがてサクがとことことやってくるやいなや、パタッと力尽きたように転がって静かに寝入った。ふだんものすごく昼寝を拒んでがんばるけど、こんなふうにあっさり落ちるときもある。子どもって面白い。

友だちがツイートしてたリンクをクリックしてつべで東方神起の新曲「something」を見る。いい!すごくいい! 曲といいダンスといいMVの演出といい、もちろん2人のパフォーマンスといい、神がかったかっこよさ! 洒脱でエロスも華もある。20代後半ぐらいの男性で、こういう、年相応に大人っぽく、華(ポップさ)と知性と音楽性の高さを感じさせる人気アーティストって、日本ではなかなかお目にかかれない。日本でもガチ売れてほしいもんである。日本の音楽界もこれ見てマジになってくれ! てか、こんなステキな彼らが音楽番組にもなかなか出られないなんて、ほとんど鎖国状態なのね。。。真の国際国家への道は遠い。
http://www.youtube.com/watch?v=U9HBT6sRSZ8

●1月某日: 午前中、幼稚園プレクラス。最初は園庭での自由遊びなのだが、サクはいつもスムースにバイバイできるので安心して預けられる。でもそれも今のところの話で、4月、本当に入園したらどうなるかはわかんない、とは思ってる。なんとなーくちょっと沈むことがあったんだけど、そのあとには心が浮上することもあって、「捨てる神あれば拾う神あり」って格言(?)が思い浮かんだ。夫の上司が風邪をこじらせて入院したらしい…。やっぱり風邪とはいっても労わってやらにゃならんなと再認識(上司サマがご家族に労わられてないと言いたいわけではございませんよ)。夜、歯の仕上げ磨きのあと、自主的にズボンとパンツを脱いでトイレに入っていくサク。なんていい子なの!と感激して「サクちゃん、寝る前だからトイレ行くの?えらいね」と褒めると、「だって、また、お尻にパンツがくっついちゃうから」と、5日前の珍しいおねしょ時に自らが発した名(迷)フレーズを繰り返して、おねしょ回避を期していることを表明した。おもしれーなwww ソチ五輪代表選手の結団式。調整中だったり競技会前だったりして欠席する選手も多く、フィギュアからはあっこちゃんとまっちーのみだったけど、はー。ついに来るんだなー、どきどき。