読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もブログ書いてます 5(完)

日々 moonshine

いろいろ考えて、整理して、書いて、すっきりしました。と、またブログを書くことを有効活用。

「そういえばずっと忘れたけど、しばらくぶりにURLひらいてみたら、この人、今もブログやってんだなー。(過去ログをパラパラ読んで)。ほうほう、最近はこんな感じなのね。いろいろあったんだ。でも、変わりなく元気にやってるんじゃないか」みたいな感じも好きだしね。自分もそういう感じで読まれたらいいな、て思ったりする。もちろん、毎日のように読んでもらえるのもうれしい。

どういう形にしろ、書いたことに反応・感想をもらうのは、いつもうれしく思ってます。たまーに、悪意あるコメントがあるとびびりますが。うん、ついでに、ブログやるデメリットについてもまとめとこう。

ひとつ、上記。基本的に削除で対応。あと、以前、無料アクセス解析リンク元URLを見たら、2ちゃんねるからドバッときてる日があって震えあがりました。震えあがりつつも好奇心を抑えきれずリンク元に飛んでみると、悪意っていうよりは情報ソースとして晒されてました。。。でも、ネット社会の性善説をまだ信じてます。。。

ふたつ、どこで誰が個人情報を読んでるかわかんない。昔の知り合いみんなにバカにされてるかも・・・なんて疑い出したらキリがない。

みっつ、時間がかかる。「自分のアルバムを作っているつもり」なんて書きましたが、写真を撮るよりは確実に時間がかかってるでしょう。ええ、もっと簡潔な文章を書ければ解決するんですがね。

よっつ、みつめとも関連するが、「もっとうまく書けるようになりたい」と思って書いてるのに、書くのに時間がかかるせいで、良いインプットが阻害されてる。「いちばん長く読んだのは自分のヘボ文」ていう日もしばしば・・・。書きながらも読むし、書き終わったあともいちお確認等のために読み返すからね(その割に誤字脱字多いがorz)。

自分の書く文章って、文体もそうだし、語彙や言い回しもパターンナイズされてたりする。ただ書けば書くほどうまくなるわけでは、まったくないんだよね・・・。パソコン閉じて藤沢周平とか村上春樹とか読んだら、あまりの美文・良文に心洗われる思いがするわwww ええ、もっと簡潔な文章を書ければ(ry

なんんのかんの言いつつ、今日も明日も多分ブログ書きます。書いてます。