読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

澤瀉屋クワド会見 〜市川亀治郎編

亀治郎猿之助化す」の一報で最初に脳裏を駆け巡ったのは「えーっ亀ちゃん、それは早くね?」ってことだった。

猿之助って、大名跡、というのとは違うのかもしれないが、やっぱり相当に円熟した俳優が襲う名前だというイメージがあったので。ちょっと調べたら、当代の猿之助はもっと若くして猿之助になってた(それこそ、香川照之が生まれたときは既に猿之助だったわけだ)とわかったんだけど、それでもなんとなく「もうか〜」という気分が拭えないのは、ファンゆえの淋しさだろう。

「亀ちゃ〜ん」とか、「亀、かわいいよ亀」とか言えなくなるなんて〜〜〜。2007年に『風林火山』でお茶の間にジジむさく 華々しく顔見世してから、まだ5年ってとこだもん。あと10年、せめて5年は亀でいてほしかった。

と同時に、「この5年、歌舞伎はもちろん、舞台作品や舞踊・朗読などの各種イベント、ディナーショーにも多数出演し、何よりドラマにバラエティーに幼児番組(!)*1にとテレビの世界でもしゃかりきに働いて、名を売り顔を売ったのには、もちろんこの日のためでもあったのよね。」とも思った。やはり人気商売でもあるからして。

今、次の猿之助亀治郎といわれれば、血筋にしろ知名度にしろ申し分ない印象だけど、5年前なら、長いこと猿之助門下でやってきた実力ある俳優さんの誰かの名が挙がっていても不思議はなかったはず。

さて当の亀さんはというと、

大河ドラマに出させていただいてから、本当に亀治郎という名を知っていただいて・・・」

「先輩である坂東玉三郎さん、仁左衛門さんであられます孝夫さんも一代で名前を大きくされ、僕も「亀治郎でいこう」という勇気をいただいて、決意していました」

「僕の人生計画の中では『市川亀治郎を一生変えません、襲名しません』興行をやるつもりだったんです」

等々、ファンの意を汲むように「亀治郎」の名への愛着を語り、

「密かな希望として僕は死ぬときにまた亀治郎になって死にたいなという、それはゆくゆくは猿之助を譲って、また亀に戻っていたいという気持ちを今は思っております。」

とまで言って私を涙ぐませ(嘘)、この言はネットニュースなどでも抜粋されていたが、実は直後、その舌の根も乾かぬうちに

「でもすぐ変わると思います。」

と、ちゃっかり言っているのを見逃してはならない。

彼のしゃべりをよくよく紐解いてみると(意訳者:私ことエミ。私見ですよ)、

「僕は『生涯、亀治郎』でいく気マンマンだったけど、伯父さん(猿之助)に頼まれたし〜、興行主(松竹)や宗家(団十郎)も「君ならだいじょうぶ」って言うし〜、やらないわけにいかなくなっちゃったんだも〜ん」

「自分の子に猿之助を継がせるかって? ま、出来が良けりゃね。出来が悪かったら無理だもん。つまり僕くらい出来が良くないと無理なのよ。猿之助ともなると」

宙乗りも、火の中・水の中も、おじさんが全部やっちゃったから、そうそう超えられなくてもしょうがないよね〜」

猿之助48選? やるよ。やってくれって言われてるし。でも、僕といえばやっぱり女形でしょ〜。金閣寺の雪姫やるよ。猿之助史上初でしょ? ふふふ」

猿之助継ぐのは、おじさんへの恩返しだから。でも、まぁこれからも好き放題やっちゃうけどね〜。だって、それこそが澤瀉屋の精神だもん(キリッ 」

って感じで、まあほんと、キリッとした顔で好き放題おっしゃってますわ〜。会見上手といえば島田紳助が真っ先に浮かぶわけで、自己演出もあそこまで徹底できればもはや芸と呼べるレベルだな、とある意味感心したもんだが、なかなかどうして、亀ちゃんもしれっとやってくれる。謙虚で誠実、堂々とした印象を与えながら、その実、何ひとつ言質を与えていないというか、尻尾をつかませてないというか。

でも、「僕は芸の鬼。もとより普通の人とはわけが違います。インタビューだってなんだって、本音を言うなんて義理ないよ〜ん」っていうムードをてらいなく出してるあたり、亀ちゃんて、一周まわって屈託ない人だと思うんだよね。強烈な自意識・自負心すら微笑ましいというか、むしろ健全に見えるの。昔から福山雅治の大ファンだった、なんて言ってるしね。亀、かわいいよ亀〜。

や、ちょっとふざけて書きましたけど、会見の中での「猿之助の名を“次の世代に受け継ぐべく” “預からせて”いただく」という言い方は、歌舞伎役者というものに対する彼の考え方が凝縮されているようですごくいいなと思ったことです。

それに、紋付袴姿の亀さんは、ブルドクターでの大根役者ぶりを忘れさせるくらい卒倒モノでかっこよかった。着物が吸いついているように見える。やっぱり体が歌舞伎役者なんだろうな。猿之助になってもついてくよ〜。襲名披露公演の演目発表が待たれる! 

*1:にほんごであそぼ」でキッズに歌舞伎を見せてくれる亀さんなんですよ〜。女形もやってます