読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のからだ:妊娠8ヶ月め目前

今日は妊娠27週6日目。明日からなんと8ヶ月目に入る。押しも押されぬ妊娠後期だ。

いま、一番つらいのは肋骨の痛み。

思い起こせば、最初に「なんか痛いな」と思ったのは去年12月末の会社の飲み会の後半だったから、妊娠4ヶ月めのころ。まさか妊娠と関係があるなんて思わず、初めての感覚に戸惑っていた。

それからも、1日仕事して、さらにそのまま長いこと飲み会の場所にいて・・・というように、朝から夜遅くまで背もたれに寄りかかることなく体を縦にし続けた日に、痛みを感じるようになった。

ふと思いたって「妊婦 あばら」みたいなキーワード検索をやってみて、経験者がけっこういることが判明。腰痛や便秘に比べたら、マイナーなマイナートラブル(しつこい文章)らしいだけど。

最近では、だいたい毎日痛い。骨が折れたりヒビが入ったような痛みではなく、じんじんするような感じ。あばらだけでなく、そこから脇の下、背骨のあたりまでぐるっと痛い。神経痛なのか。

どうも、あばらが人より出てるみたい(産婦人科で言われた。痩せてるという意味ではない(泣)。そういう骨組みだってこと)。仕事はパソコンの前に長時間座ったり何か書いたりだし、引越し関係でも、普段の家事でも、前傾姿勢になることはけっこう多い。確かに、そうなると、お腹も胸も大きくなってるので、あばらが上下からグッと圧迫されているのを感じる。

痛みが出てくるのは、決まって、夕方5時とか6時とかそれぐらいになってからだ。特に左側。胎児に血液を送りやすくするため、妊娠後期には仰向けに寝ないほうがいいと言われるけど、左を下にして寝るととても痛くて、1分とじっとしていられない。腕にクッションを抱いて、右側を下に横になるとだいぶ楽。お風呂に浸かるのも気持ちいい。

鍼で治したいんだけど、通っている産婦人科では推奨していないらしい。「東洋医学は、根拠がないからねえ・・・」と、看護師さん、西側の人間になりきった意見でありました・・・。「では、どうすれば?」と聞くと、「温泉とかどう?」って、それはけっこう東寄りなのでは。てか、日常では温泉のモトが精一杯ですが。

現状、一晩寝たら朝から夕方まではそれほど気にならないので、言われたとおりお風呂やストレッチでお茶を濁しているけど、これからもっとお腹は大きくなるんだし、もっとひどくなることはじゅうぶん考えられる。そしたら、私は断固、鍼に行く! 鍼って、ちょっと怪しいようなイメージもあるし、敢えて妊娠中に初体験することはないと思うけど、もともと私には信頼できる先生がいるので。


もちろん、妊婦のつらい症状ベスト3に必ず入っている腰痛だって感じておりますよ。ちょっと体を動かすときにピキッとくることはよくある。だいたい、座業でもとから腰痛はあったからねえ。

妊婦の腰痛って、ちょっとした捻挫のようなものらしいよ。そりゃ痛いはずだよ。これも、鍼にいったらだいぶ楽かなーと思うんだけどなー。


あとは、貧血。ここのところ、引越しで荷造りや荷解きをしたり、お役所などに手続きに行くため歩いたりしてると、ものすごい疲れ、脱力感に襲われることがたびたびあった。妊娠前ランニング小僧だった私にしてみたら、「あーこんなに体力が落ちたのか。」と落ち込む話。

ある夜、ふと安かった牛レバーを買ってレバニラ炒めを食べたのだが、翌日の元気さといったらどうよ。5キロ以上歩いても平気。くらくらすることもない。そのときにハッとした。きっと貧血だったのだ。私には鉄分が必要なのだ。

妊婦と貧血とは、これまた切っても切り離せない関係である。妊娠すると、体の血液量が増える。せっせと子宮の胎児に送ったり、乳腺を発達させないといけないからね。でも、赤血球自体はそれほど増えない。したがって、血がうすーくなるような状態になる。(と、わかったように書いているがもちろんすべて妊婦本・妊婦サイトの受け売りである)。

妊娠10週の検査では、血色素量は11.7だった。これでも、非妊娠時よりは1くらい下がっている。週数の進んだ今、値はきっとさらに落ち込んでいるに違いない。で、妊娠27週でまた血液検査があったんだけど、これがちょうど、レバニラ炒めを食べた翌日! 結果は次の健診で判明する。どんなもんだろ。


妊娠3ヶ月めくらいから、1ヶ月1キロペースで順調に増え続けてきた体重。27週の健診でプラス5.5キロ。ついに、会社で「顔がふっくらしたね〜」と言われたのが3月末だ。体重が増えているのは自覚していたが、腹回りと胸に限ってのことだとばかり思い込んでいたので衝撃だった。自分の顔にたいして興味がないので普段は素通りしがちな鏡と、じっくり向き合ってみる。た、確かに・・・。前はもちょっと、顎のラインがシャープだったような。。。

「どんどん増えるんです〜 このままだと、やばいですよね」
健診で看護師さんに泣きつくと、優しい口調で「ええ、ちょっとね〜」と返された。内心、あたしに泣きついてどうすんのって思ったに違いない。「仕事を辞めると、もっとくるわよ」とやんわりと脅された。

私の通う病院は体重管理、体調管理、生活管理に厳しいことで有名だ。もちろんそうするメリットというのはあって、妊娠中の経過も良く、お産も軽い人が多いらしく、わざわざ遠くから来る妊婦さんも絶えないらしい。ちなみに私はそんな評判とか全然知らず、家から徒歩2分くらいなので迷うことなくここにかかっただけで、厳しくしてほしいなんて思っちゃいなーい。

しかし意外にもボス(院長)は「だいじょーぶだいじょーぶ。じょうずじょうず」と褒めてくれた。お腹の中で赤ちゃんを「じょうずに」育てている、との意で、彼は「じょうず」という表現をよく用いるようだ。私の場合、超音波で見る胎盤が何だか妙に綺麗らしく、それが先生のお気に召していて、体重は今のところ二の次らしい。ほっ・・・。

しかし、その健診後、まだ1週間も経っていないのだが、実は1.5キロほど痩せたのだ。引越しで疲れたってのもあるかもしれない。でもやっぱり食べ物と運動だね。飲み会に行かないこと(飲まないのでついつい食べちゃうし)。パンよりごはん。洋菓子より和菓子。そしてプールとウォーキングの量を減らさないこと。手帳生活を始めて、3食はもちろん間食までメモっているので気をつけやすい。

まあ、これからまだ3キロぐらいは軽く増えるだろう。いま、腹の子の体重は1キロくらいのもんか。それが3キロ前後になっていくんだろうし、それにしたがって胎盤の大きさや羊水の量だって増えるんだろうから。

ちなみに27週3日めの腹囲は79cm。子宮底長は26cm。胎児の頭囲は6.9cm。


むくみと足のつりは、相変わらず、ない。ありがたい。これだからプール熱も冷めないし、歩く習慣も続くってもんである。あと、本や雑誌、ネットでは必ず妊婦とセットのように扱われている便秘もない。これについてもプールのおかげ・・・と先生はおっしゃることでしょうが、それもありましょうが、やっぱり体質もあるんだと思う。妊娠後期になると、逆にお腹がゆるくなってすごーく下痢ぎみになる人もいるって話だけど、私もそっちがわじゃないからしら。それはそれでつらいよねーかなり。


こんなにお腹が大きくなったんだから、いろいろあるのは当たり前だなあとは思ってる。ま、ほんとにつらいのは最後の2ヶ月っていうから、あとから考えれば今なんてまだまだ余裕なんだろう。なんだかんだ言いながらもお腹はかわいい。中に子どもがいるんだからね。毎日、鏡にお腹をうつしてじーっと見てしまう。こんなに大きくなったんだから、中の子も育ってるんだろうなあとか思いながら。


f:id:emitemit:20151121154043j:plain:w320
鉄分不足の方へ 豊潤サジーお試しキャンペーン実施中 | サジージュース通販のフィネス