読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馴れ来つる真木の柱はわれを忘るな

●3月12日(金)
妊娠7ヶ月め突入を記念して・・・てわけでもないけど、この日から会社で制服を着用するのをやめることにした。といっても、既にスカートだけはマタニティ用(パッと見、制服のスカートにしか見えない。岩田屋で買った。もちろん自腹)に替えていたが、それでも多少はお腹を締める構造になっているし、ベストのほうも一番下のボタンが止まらなくなったので。今日はマタニティではない普通のワンピースにしたけど、ラクちんさの差は歴然。あー、ほっとする。この大きなおなかが会社で多少浮こうが、もうどうだっていい。私も腹の子もラクなほうが大事だ。

定時ダッシュで18時ちょっと過ぎに家に着き、着替えたところでもう夫も帰ってきた。どんだけ早いの。夕食は、我が家では季節にいっぺんくらいの、ピザをデリバリーで頼むことにする。「ナポリの窯」初めて頼んだけど、よそに比べるとジャンクフード色が薄めの感じけっこう良かった。大量のミートソースを作る。

●3月13日(土)
マタニティスイミングへ。ここにくると、もう一週間経ったのか!て感じ。早い。帰宅後、あれもしなきゃこれも・・・と思いつつ、1時間ほど寝てしまう。寝起きはちょっとすっきりして、掃除と、料理をいくつか。19時、姉夫婦が遊びにくる。今日の料理は、鶏の唐揚、生ハムと野菜のサラダ、チャーハン、なすのミートソース煮、大根とそのはっぱのごま油炒め、塩さば、トマトスライス。夫の作る唐揚とチャーハンが絶品。居酒屋としか思えない味。義兄と夫はいきおいよく焼酎を飲む。姉は運転手なので一滴も飲まず、妊婦の私は一番絞りをコップ2杯。12時近くまで盛り上がる。

●3月13日(日)
新居へ。部屋のあちこちの寸法を測りに行く。私は今の家が気に入っていたので、引越しの話し合いをしているときにはけっこうネガティブな感情もあったし、今でもさみしいなーと思っているのだが、今度の家も好きになれるといいな。マンションの駐車場は満車なので、近隣の駐車場をいくつか見て回る。終わって、ヤマダ電器へ。お店の中のテレビで、名古屋国際女子マラソンを映していた。加納由理さん独走! ついに国内主要大会を制覇だね!おめでとうございます。私もうれしい。この人の走り方は、へっぽこ市民ランナーの私の理想とするところなのだ。西松屋とスーパーに寄って帰る。予想以上に疲れていて(なぜ・・・?)、帰宅後、2時間ほどぐっすり寝る。

夕食は、豚汁、ししゃも、なすのミートソース煮、サラダ。ここんとこ、『龍馬伝』がおもしろくなってきており、放送後、興が乗って『竜馬がゆく』で今の時代のあたりを読んで、抜群の面白さのあまり、テンションふりきれそうになった。司馬遼太郎おもしろすぎー! そのあと、お産と産後の本を読んで震え上がる。みんなこれを耐えたっていうんですか!!!

●3月14日(月)
仕事。相変わらず3キロちょっとの道のりを歩いて出勤しているが、歩く速度が遅くなってきたのを感じる。以前は間に合っていたタイミングの横断歩道、今では信号に引っかかって渡れない。あと、おなかが重くなるにつれ、歩き方も変わってきた気がする。ええ、いかにも妊婦的に・・・。

それでも、まあ、もともと体力がないでもないので、三十路妊婦としては元気なほうだと思う。思うが、やっぱりラクではない。会社でしょっちゅうの階段の昇り降りはすぐお腹が張ってくるし、じっと座って仕事してんのも腰がつらいし、引継ぎが終わらんので精神的にプレッシャー。そんなことおかまいなしに、腹の子は一日じゅう、ぐにょぐにょぼこぼこいってる。いいの、いいのよ〜。空気なんて読まなくて。たくさん動きなさ〜い。

帰宅後、ちょっと休憩し、焼きそばを作ろうと思って野菜などを切っていると夫が帰ってくる。よほど疲れた顔をしていたらしく、実際の調理をかわってくれた。理想どおりの味になった。

●3月15日(火)
仕事。期末の決算の打ち合わせ。完全にノータッチ状態で去りたかったのだが、結局、この場にいる自分が悲しい。でも週2以上は来ないぞ! 私は、のんびりゆったり妊婦生活を目指しているのだから! そして有休はたっぷり残ってるのだからして!

仕事のあと、市民プールに行く。平日の午前中はもうおじいちゃんおばあちゃんがほとんどなのだが、この時間はさすがに若い人がメインで、泳ぎの達者な人が多い。この日はけた違いの泳力の若い女の子がいてびっくりした。途中まで、男の人だと思ってたくらいだった。それほど力を入れているわけでもないのに、1ストロークごとの推進力がすごい。そしてえんえんと泳ぎ続ける、疲れ知らずのスタミナもすごかった。22時前帰宅し、納豆巻と野菜ジュース。