とにかく外せない人なのよ

嬉々としてこういう本について書いてるからって、右でも左でもないつもりだけど、読んだ人はそう思わないのかしらん?