あっというまに最終日

夜ごはん、ぶりの塩焼き、お味噌汁、ほか、夫の実家でもらってきた色々。

全般に、気ままに過ごした連休、満足なり。
特に、相変わらずの夫の寛容さには目をみはるものがある。
ありがたいなーとしみじみ感じつつ甘えっぱなし。

松井今朝子『吉原手引草』、隆慶一郎『吉原御免状』

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

面白く読む。
直木賞受賞作としては、話の筋自体は小粒な感じも受けるけれど、なんといっても細部に至るまでの考証のすばらしさは、さすが松井さん、という感じ。

一気に最後まで読んで、直後に冒頭まで戻って好きなシーンを抜粋で再度読む。
という、お気に入りの読書パターンへなだれこむ。

吉原御免状 (新潮文庫)

吉原御免状 (新潮文庫)

時を同じくして吉原モノ。
吉原を舞台にしたもの、好きなんです。これは性癖といっていいね。

こちらは、吉原を舞台にした剣客ものかと思いきや、実は網野善彦などでもお馴染みの「無縁」の者たちの歴史をベースにしていて驚き。また今度じっくり読もうと思う。