moonshine

『社会の抜け道』を読んで愚考するのこと(3)

今って、自分で選ばなければいけないことがすごく多いと思う。食材、学校、銀行、保険、病院、教育方針…。選択肢が増えるって、自由度が上がるわけじゃないんだよね。本文中では「選ぶことを強制されている」と書いてあった。選んだあとでいわれる「自己責任…

『社会の抜け道』を読んで愚考するのこと (2)

最近、自分の中で違和感が強くなっていたことがある。Twitterでちょっと気になるツイートがあると、気軽にその人のアカウントページに飛んでいく私。アカウントページには、その人のつぶやきが、その人のアイコンと共にずらーっと時系列に並んでいるのだが、…

『社会の抜け道』を読んで愚考するのこと (1)

社会の抜け道。何やら胡乱なタイトルだが、とても面白い本だったのでおすすめしたい。そして、心に浮かんだよしなしごとを、そこはかとなく書きつづりたいと思います。あやしうこそものぐるほしけれ、な長文なので、分けます。相変わらず、長いだけで構成力…

小説を書いてました

そういえば、小説を書いていたんですよね。しこしこしこしこしこしこと。毎日書いてる時期もあったし、1-2か月ブランクが空く時もあったり(盆暮れ正月とか、あと、世界陸上の開催中とかww)なんだけど、なんだかんだと2年近く書き続けて、ひと月半ほど前に…

鬼アプリから派生して〜子育てのいま 5(完)

夕方近く、公園を通りかかると、小学生がズラッと並んでみんなそれぞれDSみたいなの持ってゲームしてたりする。うわー、と思う。でも、公園には「球技禁止」と書いてあったりするからね。昔と違って安全性を重要視された遊具は、小学生にもなれば全くスリリ…

鬼アプリから派生して〜子育てのいま 4

もちろん、これらは「今」の私の感覚であって、子どもが育っていくにつれ、親の私の考え方も変わっていくところはあると思うんだけど。今んとこ、小学校の現状についての知識が少ないしね。習い事も、子どもが「やりたい」と言い出せば考えるだろうと思う。…

鬼アプリから派生して〜子育てのいま 3

自分が子どもの頃って、日々は単調な繰り返しで、ヒマな時間がたっぷりあった気がする。保育園児だったので平日は朝から夕方までそこにいるわけだけど、まあ保育園って自由な時間が多いものだったし。朝早く目が覚めると、親が起きるまで、天井の模様をじー…

鬼アプリから派生して〜子育てのいま 2

とまあ、長々しくIT擁護論を綴ってきたんだけど、私自身は、わが息子3歳なりたてに、まだスマホ(やPCの類)を扱わせてない。あ、そういえば、you tubeで子どもの好きなAKBの動画を見せたことあるけど(ええ、それは自分が見たかったから…)。子どもの“スキ…

鬼アプリから派生して〜子育てのいま 1

先日、ある方のブログで「鬼アプリ」なるものがあると知った。そのアプリを起動すると、鬼が電話に出て、こわ〜い声音で子どもを怒るらしい。けっこう人気なんだとか。もちろん、「母親に」人気なのだ。幼児に効果てきめんだから。そういえば、私も周囲のマ…

愛してアイマイミーマイン

これだけSNSが隆盛している今、ブログは遺物になりつつあるのかもしれないけど、フロー(SNS)じゃなくてストック(ブログ)の良さもやっぱりあって、たびたび、訪問してしまうブログがある。もともとフィギュアスケート関連の記事を読むためにブックマーク…

安藤美姫選手にモノ申してる人たちが怖い

安藤美姫の出産に関して、世間やマスコミがくちさがなく言いたて、書きたてるのは、ある意味しかたがないというか、ある程度の予想と覚悟のうえでのあのインタビューだったと思います。私、twitterではフィギュアスケートクラスタの人々も多くフォローしてる…

百万遍・・・を記念していつもの駄文。

気づいたらカウンターが100万を超えてまして〜ありがとうございます。ユニークビジターの数ではないし(リロードしたらカウンターが回る)、ケータイやスマホからのアクセスに対応しているのか、RSSで読まれてる分には対応してないだろうなとか、すごい妙ち…

震災と芸能人 4(完)

さて、AKB48グループである。復興支援を目的とした「誰かのためにプロジェクト」によると( http://www.akb48.co.jp/darekanotameni/ )、震災発生3日後に義捐金口座を開設し、5日後に5億円+ファンから集まった義援金1億円超の寄付を実施、その後も、握手…

震災と芸能人 3

アイドルもまた、復興支援の活動を行ってきた。義捐金はSMAPが4億円、嵐が3億円、AKBが5億円だとか? もちろん金額の大きさは言うまでもないけど、それだけじゃない。何も目を皿にして出演情報をチェックしたりすることはない、ゆるいアイドル好きな私でも、…

震災と芸能人 2

これから私が特に書きたいのは、アイドルがいかに、震災以降の私たちを元気づけてきたかということだ。企業や実業家は大きなカネやモノを動かせるし、それがそのままブランドアピールにもなる。スポーツ選手が子どもたちに夢や希望を与える存在であることを…

震災と芸能人 1 

趣味でも歴史はずっと学んでいきたいと思ってる。純文学やクラシックや美術にも興味はある。サブカルにも抵抗ない。それでもやっぱり、ポップカルチャー・・・と、ちょっと澄まして言ってみたけど、要するに大衆文化。テレビとか映画とか歌謡曲とかプロ野球…

きのうの補足にして蛇足

きのうの記事ですけど、後半あれこれ書いたのはあくまで「夢想」であって、そうそうスムースに親が望むような子ができあがるわけじゃないことは、もとより自分を顧みてもよく承知してます。あと、「子どもがどうだろうと関係なく楽しそうな親」について、も…

大人として親として

ちょっと、お酒も入ってるんで、ダラダラと書きますねー。だらだらはいつものことだけど。鬱陶しいんでたたみます。コメントとかは歓迎です…

大人になりたい

先日、妊娠9か月になっている友だちと遊んでるときにふと出た話。「周囲に、『もうすぐ出てくるのね〜早く会いたいわね〜楽しみでしょうがないでしょ!』て言われるけど、そういう感じでもないんだよね。赤ちゃんグッズにキャッキャウフフするでもないし。…

今日もブログ書いてます 5(完)

いろいろ考えて、整理して、書いて、すっきりしました。と、またブログを書くことを有効活用。「そういえばずっと忘れたけど、しばらくぶりにURLひらいてみたら、この人、今もブログやってんだなー。(過去ログをパラパラ読んで)。ほうほう、最近はこんな感…

今日もブログ書いてます 4

さて、「好きじゃないのにブログを読んじゃう問題」には、もうひとつの側面があります。「自分のブログを、好きじゃないのに読んでる人がいる問題」です。その可能性はもちろん承知してたんだけど、あんまり具体的にイメージしたことなかったんだよね。辺境…

今日もブログ書いてます 3

と、書くことの良さを喧伝してきましたが、私、ブログを読むのも大好き。常時たくさんチェックしてます。それでつくづく思うのは、書くものには“人となり”が表れるということ。継続して読むうちに、有名なブログであろうとなかろうと、書き手と知り合いであ…

今日もブログ書いてます 2

よっつ、前記とも重なるけど、ブログは、ちょっとした居場所になります。先般読んだ、町田康といしいしんじの対談本。「会社」について語る部分は、非常に示唆的でした。 いしい: 会社に所属するってことがまず大目的としてあって、会社員でいること、いつ…

今日もブログ書いてます 1

実は好きじゃないのに、ずーっと見てるブログってありますか? - こうして毎日まいにち頼まれもしないのに書いてる私は、もちろんブログが大好き。もう干支がひとまわりしちゃうぐらいの月日、書いてますよ。ブログにはいいところがいっぱい! 一言でブログ…

ひらりと跳べ 4(完)

話はガラリと変わって、イチローのヤンキーズ移籍に関して面白いブログを見た。以下、勝手に要約。 弱小チームの平凡なメンバーが猛練習を積んで名門を倒し優勝する、というようなマンガは昔から人気だが、プロスポーツの世界ではそういうことはまずあり得な…

ひらりと跳べ 3

オリンピックの間に政局が動いたり、しれーっと重要法案が成立したりするのもいつもの話だし、この時期には、戦争と平和に関する記念日が続くことも忘れたくない。中3の男の子と一緒に定期テスト前の勉強をしてたとき、ちょうど昭和の歴史が範囲になってた…

ひらりと跳べ 2

今は、「オリンピックに出る人も、見てる人も、踊らされてるわけじゃない」と思ってる。確かにオリンピックって巨大なハコモノで、それが権力による“目くらまし”“臭いものにする蓋”になってる部分もあるんだけども、でも、そこで演じられているものこそが、…

ひらりと跳べ 1

オリンピックとか清盛とか、非現実的で安上がりなものにうつつを抜かしてたのも事実だけど、だいじょうぶです。ちゃんと地に足のついた生活してます。せきららに書いてるように見えるのか、たまに、「ブログに書いてあることがすべて」みたいな受け取られ方…

子ども1歳終わりました

今月初めに子どもが2歳になった。早い。早すぎる。1歳の1年間は、振り返ってみれば楽しかったの一言に尽きる。「子どもがいない → いる」というコペルニクス的転回に始まった0歳は、無意識のうちにもいろいろな葛藤や格闘があったが、1歳にはそんな劇的…

本気で本気を引き出す人よ・4(完)

(動画はvol.7まであります。“完全版”がおすすめ)