『ユタとふしぎな仲間たち』 三浦哲郎

『忍ぶ川』の三浦哲郎の作。20代の初めに読んだ『忍ぶ川』には当時けっこう思い入れがあって、どこかに感想を書いたと思うのだがネットの大海の藻屑と消えたのか見つかりませぬ。 ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫) 作者: 三浦哲郎 出版社/メーカー: 新潮社…

『俳句と暮らす』 小川軽舟

俳句と暮らす (中公新書) 作者: 小川軽舟 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/12/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 小川軽舟、という文字通り軽みのある優しげな俳号と、文学であり芸術である俳句が「暮らす」という生活感の滲…

『三四郎』 夏目漱石

ふと、本棚から引っぱり出して読んでみたら、めちゃめちゃ面白かった。たぶん、大学生か社会人になったばかりのころに買って読んだのだと思う。もちろん、あらすじはだいたい覚えていた。でも、受ける印象がまるで違う。熊本の高校を出て東京の大学生になっ…

『みちのく民話まんだら ~民話の中の女たち』 小野和子

どんぐり文庫の梶田さんからおすすめいただいて読んだ本。聞いたことのない筆者に出版社、【みちのく】東北地方の民話(ここは福岡)。梶田さん、さすがニッチなところまでよくご存じだなあ、と思って軽く読み始めたら・・・最後はもう号泣ですよ。民話は、…

『恐怖の地政学 ーーー 地図と地形でわかる戦争・紛争の構図』

恐怖の地政学 ―地図と地形でわかる戦争・紛争の構図 作者: ティム・マーシャル,甲斐理恵子 出版社/メーカー: さくら舎 発売日: 2016/11/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 新聞の書評欄で紹介されていたのがきっかけで…

『長くつ下のピッピ』 アストリッド・リンドグレーン

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014)) 作者: アストリッド・リンドグレーン,桜井誠,大塚勇三 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/06/16 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 33回 この商品を含むブログ (49件) を見る 『床下の小人たち』に続いて、…

4/2 朝日新聞 書評欄 『海と生きる作法 漁師から学ぶ災害観』 川島秀一

同じく4/2 朝日 #新聞 書評欄。『海と生きる作法 漁師から学ぶ災害観』川島秀一。著者は気仙沼出身の民俗学者で、震災で母を亡くし実家は流失した。三陸は陸の孤島と呼ばれるが、それは東京を中心に鉄道網が敷かれた明治以降のことで、黒潮と親潮が交わる世…

4/2 朝日新聞 書評欄 『福祉政治史 格差に抗するデモクラシー』

4/2 朝日 #新聞 書評欄。『福祉政治史 格差に抗するデモクラシー』(田中拓道)百年に及ぶ長期的な視点から福祉国家の形成と変容を分析。グローバル化、ポスト工業化、家族の変容という共通の問題に面しながらも、近年、先進諸国がおしなべて福祉の縮減に向…

3/26 毎日新聞 書評欄 『検証 アベノメディア 安倍政権のマスコミ支配』 『安倍三代』

3/26付 毎日 #新聞 書評欄に安倍政権関連の2冊。『検証 アベノメディア 安倍政権のマスコミ支配』(臺 宏士)著者は元新聞記者。「政府や与党が報道内容を巡って放送局に繰り返し干渉。政府が右というものを左というわけにはいかない、というNHKトップの…

『人質の朗読会』 小川洋子

人質の朗読会 (中公文庫) 作者: 小川洋子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/02/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (13件) を見る 連作短編集、ということになるのだろうか。その舞台としては、本のタイトルが示す通りとても特殊な設定がな…

3/19 西日本新聞 書評欄 『裸足で逃げる』 上間陽子~崖っぷちを生きる沖縄の少女たち

裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち (at叢書) 作者: 上間陽子,岡本尚文 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2017/02/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る ネットでも何度か書名を見かけた『裸足で逃げる』(上間陽子)、3/19付 西日本 …

2/26 西日本新聞・書評欄 『昭和天皇の戦争』山田朗 『思想戦 大日本帝国のプロパガンダ』バラク・クシュナー

さて、2/26 西日本 #新聞 書評欄。『昭和天皇の戦争』山田朗著。「平和主義者であったと認識されている昭和天皇が、意外にも積極的に戦争指導に関与していた史実を実証的に明らかにする本」とある。評者は『それでも、日本人は戦争を選んだ』の加藤陽子。— …

『セーヌの川辺』 池澤夏樹

セーヌの川辺 (集英社文庫) 作者: 池澤夏樹 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 2005年から2008年の雑誌連載をまとめたもの。妻子とともにパリ郊外の町フォンテーヌブローに住んで1年が経った頃…

睦月の十一 / 小澤俊夫講演会 「世界のむかしばなし」

●1月某日: サク弁、牛肉、スクランブルエッグ、粉ふきいも、ほうれんそうとにんじんと鶏ミンチの甘辛煮。サクを送っていったあと、その足でクラスのママ友と太宰府、絵本専門店「あっぷっぷ」へ! 今日は友だちに誘われて、小澤俊夫さんの講演会に行ってき…

『ろばの子 ~昔話からのメッセージ』

ろばの子―昔話からのメッセージ 作者: 小澤俊夫 出版社/メーカー: 小澤昔ばなし研究所 発売日: 2007/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る どんぐり文庫の梶田さんにお借りした本。今年1月に、筆者・小澤俊夫の講演を聞く機会があったことをお話…

『床下の小人たち』 メアリー・ノートン

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫) 作者: メアリーノートン,ダイアナ・スタンレー,Mary Norton,林容吉 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/09/18 メディア: 文庫 購入: 18人 クリック: 323回 この商品を含むブログ (97件) を見る …

『下り坂をそろそろと下る』 平田オリザ

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書) 作者: 平田オリザ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (7件) を見る 人口減少、少子高齢化、過疎。そして被災地。タイトルの「下り坂」とは、私たちの国、日本のこと…

『社会の抜け道』 古市憲寿、國分功一郎

社会の抜け道 作者: 古市憲寿,國分功一郎 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/10/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る 約3年ぶりに再読。あれからテレビ出演等でネットではすっかり悪名高くなった古市氏ですが(笑)、この本は気軽に…

『ねじまき鳥クロニクル』 全3部 村上春樹

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1997/09/30 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 149回 この商品を含むブログ (508件) を見る 2016年最後に読んだ本。なんと初読。第三部までみっ…

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 加藤陽子

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫) 作者: 加藤陽子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (13件) を見る 何年か前、網野善彦の『日本の歴史をよみなおす』に、“すべての日本人に読んでほしい!”と…

『絵本のよろこび』 松居直

絵本のよろこび 作者: 松居直 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2003/11/27 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品を含むブログ (5件) を見る 松居直、1926年生まれ。福音館書店で編集長から社長、会長まで勤め、日本における子ども向け絵本の黎明期から…

『虹の彼方に』 池澤夏樹

虹の彼方に (講談社文庫) 作者: 池澤夏樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/12/15 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (7件) を見る 2000年春から7年弱にわたる月間『現代』での連載を中心に、その他新聞や雑誌への寄稿も集めたコラム…

葉月の十四 / 『世界の友だち』 『トットちゃんとアフガニスタンの子どもたち』

●8月某日: 久しぶりに、幼稚園の預かり保育へ。ということでお弁当、ちりめんごはん、ソーセージ、卵焼き、厚揚げ煮をトースターでカリッと焼いたの、かぼちゃ煮、枝豆、チーズ。 この10日ほどお盆だったり旅行だったりパパの夏休みだったりでお休みモード…

『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』

村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫) 作者: 河合隼雄,村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1998/12/25 メディア: 文庫 購入: 20人 クリック: 76回 この商品を含むブログ (185件) を見る 対談形式で進む本。随時、両者がフットノートという形で…

『キネマの神様』 原田マハ

キネマの神様 (文春文庫) 作者: 原田マハ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2011/05/10 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (26件) を見る 初めて読んだ、原田マハの作品。ペンネーム(本名かも)と受賞歴から、なんとなく気難しさのある…

『ヤノマミ』 國分拓

すんごい本。 ヤノマミ (新潮文庫) 作者: 国分拓 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/10/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る アマゾンの奥地で今なお原初の暮らしを営むヤノマミ族と、4期、計150日にわたって同居した筆者。ルポタージ…

『14歳からの社会学』 宮台真司

14歳からの社会学―これからの社会を生きる君に (ちくま文庫) 作者: 宮台真司 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/01 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (7件) を見る 一読すると、あちこちにちょっとした古さを感じる。もともとは200…

『よだかの片思い』 島本理生

よだかの片想い (集英社文庫) 作者: 島本理生 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/09/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る すごく面白くて胸を打つ、恋愛小説であり青春小説でありビルドゥングスロマンだった!生まれつき顔に大きなアザ…

『山に生きる人びと』 宮本常一

山に生きる人びと (河出文庫) 作者: 宮本常一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/08/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 筆者は戦前戦中戦後を通じてフィールドワークを身上にした民俗学者。生活誌はもちろん史料や伝承も、山や谷…

『お姫様とジェンダー』 若桑みどり / 「ママじゃな」2年半と朝ドラやなんかで、ジェンダーを考える最近

お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書) 作者: 若桑みどり 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2003/06 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 85回 この商品を含むブログ (47件) を見る 「男らしさ・女らしさって何だろう?」…

『人生の旅をゆく 2 』 よしもとばなな

人生の旅をゆく 2 (幻冬舎文庫) 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/02/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 『キッチン』が出たのは私が小学校4年か5年生のころで、それから私の10代に吉本ばななの小説は欠かせな…

『夜中の薔薇』 向田邦子

新装版 夜中の薔薇 (講談社文庫) 作者: 向田邦子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/02/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 向田邦子の脚本作品は見たことがなくて、小説も3年くらい前に読んだ『阿修羅のごとく』だけ。生前の彼女の記憶もな…

『ピエタ』 大島真寿美

ピエタ (ポプラ文庫 日本文学) 作者: 大島真寿美 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2014/02/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 私は連続ドラマを見ているが、どの役者がどんな役を演じて、ジャンルは何で、どういうストーリーが展開されていく…

『社会人大学人見知り学部 卒業見込』 若林正恭 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) 作者: 若林正恭 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売日: 2015/12/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る ダ・ヴィンチで連載してたもの。オードリー名義で出した本もい…

『四百字のデッサン』 野見山暁治

四百字のデッサン (河出文庫) 作者: 野見山暁治 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2012/09/05 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (7件) を見る 好きなエッセイがまたひとつ増えた。野見山暁治、という人を名前くらいしか知…

『戦国乱世から太平の世へ』 藤井譲治 ~秀吉周辺について

(2月ごろ書いたの、まだアップしてないのを発見した。) 戦国乱世から太平の世へ〈シリーズ 日本近世史 1〉 (岩波新書) 作者: 藤井讓治 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/01/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 1582年6月1日 本能…

『二度寝で番茶』 木皿泉

二度寝で番茶 (双葉文庫) 作者: 木皿泉 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/09/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る 木皿泉は、和泉努・妻鹿年季子の夫婦ユニットで、脚本家。代表作に『すいか』『野ブタ。をプロデュース』『Q10』『昨…

伊勢崎賢治 『紛争屋の外交論ーニッポンの出口戦略』 “第1章 紛争屋が見た「戦争と平和」

紛争屋の外交論―ニッポンの出口戦略 (NHK出版新書 344) 作者: 伊勢崎賢治 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2011/03/08 メディア: 新書 クリック: 8回 この商品を含むブログ (7件) を見る 伊勢崎賢治 :1957年生まれ。インドネシアでスラムの住民運動を…

『こんなに変わった歴史教科書』 山本博文

こんなに変わった歴史教科書 (新潮文庫) 作者: 山本博文 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/09/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (12件) を見る 1972年(昭和47年)に発行された“昭和”教科書と、2006年(平成18年)に発…

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』 梨木香歩

僕は、そして僕たちはどう生きるか (岩波現代文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/02/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 雑木林の土壌を採取して地中に棲む虫を調べようとする主人公の少年。草木染めの染色家で…

『戦国乱世から太平の世へ』 藤井譲治 ~信長周辺について

戦国乱世から太平の世へ〈シリーズ 日本近世史 1〉 (岩波新書) 作者: 藤井讓治 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/01/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 1534 誕生1551 17才 父 信秀が死去、家督を継ぐ1559 25才 初めての上洛。将…

『遠い太鼓』 村上春樹

遠い太鼓 (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/11/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る またまた何度目かの再読。以前ブログに感想あげてるのが2013年11月だから、やっぱり私は村上春樹のエッセイ群を2,3年に一…

『杏のふむふむ』 杏

杏のふむふむ (ちくま文庫) 作者: 杏 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/01/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る 2009年から、「webちくま」でやっていた連載をまとめたもの。朝ドラ『ごちそうさん』よりずっと前なのはもちろん、『…

facebookでおすすめした本(その2)

夏にやってたシリーズなので季節感はごめんなさい。日記も2か月遅れだし、基本的に季節を先取りではなく取り残されるブログですw ◆ 【夏のおすすめ本 その8】夏は、子どもが主人公の作品がよく似合います。 池澤夏樹『南の島のティオ』もそのひとつ。25才…

『隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民』 上橋菜穂子

隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民 (ちくま文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2010/09/08 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (13件) を見る 村上春樹のシドニー滞在&オリンピック観戦記『シドニ…

facebookでおすすめした本(その1)

「読書の秋」ももちろんわかるけど、昔からけっこう「夏に腰据えて本を読む」ってのが好きだったんで、2015年夏から、facebookで気ままにそういうシリーズやったりして。せっかくなので、こちらにストックしておきます。 ◆ 【夏のおすすめ本 その1】読書の秋…

『シドニー!』 村上春樹

シドニー! (ワラビー熱血篇) (文春文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2004/07 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (45件) を見る シドニー! (コアラ純情篇) (文春文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: …

『舟を編む』 三浦しをん

舟を編む (光文社文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/03/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (14件) を見る 読んだ。ついに読んだよ! 本屋大賞をとり、累計100万部突破し、豪華キャストで映画化・・・もう、何度単行本を買…

『絵本の力』  松居直・柳田邦男・河合隼雄

絵本の力 作者: 河合隼雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2001/05/18 メディア: 単行本 クリック: 10回 この商品を含むブログ (4件) を見る 「どんぐり文庫」でお借りした。臨床心理学者の河合隼雄、ノンフィクション作家の柳田邦男、そして福音館書店黎…

『ふむふむ おしえて、お仕事!』 三浦しをん

ふむふむ: おしえて、お仕事! (新潮文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/04/30 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 「特殊技能を活かして仕事をしている女性に話を聞く」という主旨のインタビュー集。目次を見ると…